2008年04月19日

終の棲家

最近は気の重くなる、長生きできないね〜とため息をつきたくなるような事件・政策が多くてイヤになりますが、とりわけ、岡山県津山市で起こったケアホームの虐待は、障害者の親としては目の前が真っ暗になるような衝撃的なニュースでした。
営利目的ではないと謳うNPO法人(「NPO」は、「Nonprofit Organization」あるいは「Not-for profit Organization」の略)が作るホームなら安心、と思うのは甘いんですね。
http://www.asahi.com/national/update/0417/OSK200804170099.html
高齢者虐待で指定取り消し 岡山・津山のグループホーム
2008年04月17日22時53分

 岡山県津山市日本原の介護事業所「グループホームRing」で、入所する認知症の高齢者が衰弱していることを把握しながら放置し、虐待していたとして、津山市は17日、このグループホームを運営するNPO法人「高齢者介護研究研修実践の会Ring」(藤井諭理事長)に対し、介護保険法に基づく事業者指定を30日付で取り消す処分を決定し、同法人に通知した。同市は、入所者が十分な食事を与えられていなかった疑いがあるとみている。厚生労働省によると、虐待を理由に介護施設の指定を取り消すのは初めて。

 同市高齢介護課によると、入所者の家族からの苦情などを受けて3月14日に同ホームへ監査に入ったところ、70代〜90代の女性入所者5人全員が入所時より体重が減っていた。このうち、3人が10キロ以上減り、入所後1年3カ月の間に45キロあった体重が28キロに減った人もいたという。

 同課が10キロ以上やせた3人について医師に診察を求めた結果、3人とも「栄養失調。絶対的なカロリー不足」と診断された。このため、同市は、施設内で入所者を衰弱させるような著しい減食や長時間の放置などの虐待が繰り返されていたと判断した。
(以下略)

他で読んだ情報によれば、2006年ごろから入居者の家族から訴えがあり、昨年の秋には「職員の指示に従わないと罰として食事を与えられない」由の内部告発があったのに、津山市は簡単な事情聴取しただけで虐待はないと判断、放置していたらしいです。餓死でもしてたらどうなってたんでしょうね。
少人数の家族的なケアを期待されて、終の棲家に選ばれて入ったホームでしょうに、とんでもない飢餓地獄が待っていたとは。
28キロなんて小学低学年の体重だと思います。骨もスカスカでしょう。軽いから移動などの介護するのにはラクだったかもしれませんね。


息子がまだ就学前に通園していたとき、「人のものを勝手に食べてしまって困る」とこぼすお母さんがいました。
ウチの息子は当時甘いものは一切食べなかった(飲まなかった)し、人のものに手を出すなんてことはありませんでした。そういう、小さい子がみんなやるようなことをしてくれたら、むしろ、喜んだかもしれません。
そのお母さんの悩みに対し、もう一人のお母さんが言いました。
「おなかがすいたら人のものでも取って食べてほしい。おなかがすいたと言えなくてすいたままでいるのは可哀相だから、私はその方がいい」
それはあまりに自己本位な考えではとあっけにとられながらも、ここまで大切に思ってくれるお母さんのもとに生まれた子は幸せだと思いました。

ウチの息子は「おなかがすいた」とは言わない(言えない)けど、しまってある食べ物を探したり、人のものを取って食べることはするかもしれません。
もしケアホームでそういうことをして、罰として絶食させられたら…と想像するだけで胃が痛くなりそうです。そんなホームなら、抵抗して暴れると縛られるか薬漬けにされそうだし。
障害児者の親にとって、自分たちが死んだあとの子どもの処遇は、最も気にかかるところです。
ウチはほかのきょうだいもいるし、母子二人だけでずっと暮らすのはよくないと思うし(共依存関係?)、いずれはグループホーム(ケアホーム)かな。安心して息子の老後を託せるホームを探すなり作るなりするのが、私の最後の仕事かな、と思ってきました。かなり困難で重要な仕事だ、と気の引き締まる思いです。
posted by dashi at 23:39| Comment(2) | TrackBack(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
dashiさん、こんにちは。
私も仕事の一環で、老人ホームへの巡回をしていたことがあります。認知症があって対応が難しいお年寄りも多く、スタッフの方は大変そうでした。外から来る人が珍しいこともあって私はいつも歓迎していただいていたので、訪問するのが楽しみでした。

「大人なのになぜ分からない」という考えを元にお年寄りに接すると、こういった事が起こるのかもしれませんね。
今回のケース、巡回していた医師は気づかなかったのでしょうか。そこが不思議ではあります。

お年寄りで28キロ・・・骨と筋肉を元のレベルに戻すのは大変でしょう。心臓や免疫への負担も心配です。寝たきりの方なんでしょうか。

グループホーム(ケアホーム)ですか・・・同級生が学生時代に横浜の共同自立生活ホームに通ってボランティアをしていました。そこは身体的な障害のある方がただけの場所だったように思います。
日本はお年寄りでも発達障害でも、場合によっては精神科に長く住んでいらっしゃる方が居るのではないでしょうか。認知症の方には度々お会いしました。

日本の医療関係の話は、最近暗いものが多いですね。改革は必要ですが、そのしわ寄せが最初に行く場所がおかしい気がします。
dashiさん、お子さんの将来のためにまだまだ仕事があるのですね。今は「頑張ってください」とここでお伝えすることしか出来ないのですが、将来どこかでご一緒に活動する機会ができるように、まずは私も帰国できるように頑張ります。


Posted by Kashin at 2008年04月20日 00:50
こんにちは、コメントありがとうございました。
ホント、是非研究成果を頑張って形にし、今後に生かして下さい!期待してます!!

ケアホームってお医者さんが巡回するんですか、看護師さんはもっと頻回で回るんでしょうね。大きいところなら常駐してますけどね。
少人数のケアホームだと職員は(夜間は)一人だけかと思います。運営方針によってはかなりひどいことが常態化しそうですね。
なんだか「早く死ぬのを待たれている」みたいでイヤな話です、空きを待っている人もいたのかもしれない。虐待は言語道断だけど、家では介護できなくて困っている家族もいるでしょうねえ。
津山市は昔行ったことがありますが、のどかな田舎町でしたけどね〜、八つ墓村のモデルになった事件もありました…。
Posted by dashi at 2008年04月20日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

岡山県津山市 グループホームring関連情報チェック!
Excerpt: すごく当たるらしいです。未来の影を捉える占い ⇒ 占術シャドー【新着情報はこちらで!】のページにようこそ☆ミ人気急上昇中の話題を探してご紹介しています。どうぞ参考にしてください<(_ _..
Weblog: 新着情報はこちらで!
Tracked: 2008-04-20 21:03

グループホームring 岡山
Excerpt: 復讐の方法? ⇒ 復讐.com【トレンドチェックをさっくりと】にようこそ! グループホームring 津山フイチンさん山田伸二 東京新聞 コレステロール グループホームRing 川本高校. おやつ 漢字..
Weblog: トレンドチェックをさっくりと
Tracked: 2008-04-20 21:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。