2008年03月02日

みっともない

最近、「みっともない!」と思わずつぶやいたこと。
時津風部屋のもと親方が、弟子のリンチ死について
「兄弟子たちが勝手にやったことで、自分は知らない」
と言っているという報道に対して。悪あがきというか、実に見苦しい。
こんな親方と知らないで入門した弟子たちがかわいそうです。
兄弟子たちは「親方の言葉には逆らえなかった」と言い訳しているようですけどね。人一人死んだというのに、誰も「自分が悪かった」とは思ってないんでしょうか。
以前、相撲界に身内がいる人に話を聞く機会があったとき、
「そのくらいのこと(しごき? リンチ?)はどこでもやってるよ、と笑われた」と言っていました。
「その親方は、酒癖がすご〜く悪いので有名だったんだって」とも。

「無理ヘンにげんこつ」と書いて「あにでし(兄弟子)」と読む、と言いますから、相撲部屋ではけいこに名を借りた鉄拳制裁が日常なのでしょう。特別なことをした意識はないのかもしれませんね。
「相撲は喧嘩だ」と発言して物議をかもしたのは、まだ日本語がたどたどしかった頃の小錦(現KONISHIKI)でした。相撲は礼に始まって礼に終わる、といった、ただの喧嘩(格闘技)とは違うということをちゃんと教え込まないと、
「強ければ何でも許される」
「強くなる(する)ためには手段を選ばない」
という風潮に流れるのも無理からぬところだと思います。

サイパンで三浦某にむらがるマスコミ(カメラ)もみっともないです。
昔の「ロス疑惑」騒ぎを知る者としては、あのころよりもカメラの数が多いような気がします。きっとフリーで写真を売り込もうとするカメラマンもいるんでしょうね。
ロス疑惑は、週刊文春のスクープ連載記事がきっかけとなって事件性が疑われ始めました。最初は悲劇の夫から、襲撃した女優の告白など紆余曲折を経て、テレビカメラが回っている前で逮捕というドラマチックな事件でした。
少年時代に放火で服役していたとか、本来なら暴いてはならないような過去も公になりましたし、往年の有名女優(叔母らしい)の隠し子という噂が流れたりと、ヘタな小説より道具立ても賑やかでした。
何年前になりますか、ワイドショーでリポーターをやっている姿には開いた口がふさがりませんでした。かつて極悪犯扱いして追い掛け回したテレビ局が…、なんでもあり、なんだなあと。(長くは続かなかったようです)
週明けにはロス移送となるんでしょうか、サイパンの人があきれ返るようなみっともない真似は、してほしくないところです。

恥の上塗りでみっともない姿をさらしているのは防衛大臣。マッタクとんでもない時に大臣にされちまったな〜とぼやいている声が聞こえるようです。
身内(党内)の加藤某からも批判されたとかですが、苦しい言い逃れをするというのは、平たく言えばウソを重ねることだと思います。
懲りずに問題発言を繰り返す法務大臣や、火をつけると燃えそうなすぐキレる若い知事など、最近はみっともない政治家が多いですね〜。
後任人事が話題になっている日銀総裁もそうでした。余人を持って換え難い重要な仕事なのかもしれないけれど、うやむやになった後味の悪さは印象に残っています。

みっともないのの親玉は、「メタミドホスは袋からしみ込むことが実証された」と発表したどこかの国ですかね。
マジ? と聞きたくなります。
冷凍食品が入っている袋がそんな「風通しのいい」材質だったら、保存が利かないはず。
文盲がほとんどいない、新聞ぐらいは誰でも読める(世界的に見たら少数派らしいですね)この国相手に、よくもまあこんな非科学的な言い逃れをするものです。
禁止薬物のメタミドホスが簡単に入手できることを実証しようとした(農家から買った)日本の記者が拘束されると、かの国のネットでは、まるで毒物混入の犯人を見つけたかのような話になっているらしいですしね。いやはや。

口直し(?)に珍しい写真をどうぞ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080226-00000000-hsk_yg-l35.view-000
白いイチゴを栽培する農家があるそうです。
白い生クリームの上ではよくわかりませんが、チョコレートケーキだと引き立ちそうですね。
紅白のイチゴで縁起物として使えそうとのこと。いずれは普及して、山口ならずともお目にかかれそうですね。
白いイチゴは薄いピンクがかった白色だが、切ると真っ白な断面が現れる。熟していないように見えるが味や香りは赤いイチゴと変わらないそうです。
posted by dashi at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
dashiさん、こんにちは。

日本の報道、最近は見苦しいものが多いですねぇ。というよりも、心がすさむので、もっと前向きなニュースが見たいです。
例えば実は頑張っているけれども世間でしっかりとした評価を受けていない人たちを紹介するとか。悪いニュースの中でのいい話も探すとか。
一部の発言や悪い話ばかり伝えて人を攻撃するする報道姿勢は日本をダメにすると、私は個人的に思います。

私は今まで素晴らしい上司にしか当たったことがないので、相撲部屋の親方の話は残念です。亡くなった若者と周囲の人だけでなく、他の弟子たちにとっても親方の責任逃避はがっかりでしょう。

こちらでは、餃子事件のことはちょっと報道されましたが、中国製品は危険だという認識は低い気がします。やっぱり北京オリンピックからロンドンオリンピックにバトンタッチするからでしょうか・・・。

中国の対応は想定内、日本政府の弱腰な対応も想定内、そんな気がします。ここは消費者がChina Freeを自ら実践していくしかないかもしれませんね。
Posted by Kashin at 2008年03月02日 06:39
きのう出先で、息子と一緒にポッポのラーメン(イトーヨーカ堂です)を食べようとしたら、具材がすっかり変わっていたので(写真も)びっくりしました。野菜はもやしだけでした…。あ、ねぎもほんのちょっぴり。
今までさんざん中国製のものを食べてきたんだろうなあと^^。これで国産の野菜が安定供給されるようになって、コストダウンしたらありがたいですが。
友人がギョウザの皮を買いに行ったら売り切れで、3軒目でやっとあったと言ってました。この事件をきっかけに、ギョウザを家庭で作るようになるのはいいことかもしれません。子どもも一緒に包めばなおさら。
かの国としては、死者も出てないし、重大事件とはハナから思ってないんでしょうね。
コメントありがとうございました。
Posted by dashi at 2008年03月02日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。