2008年02月12日

割り箸事故

1999年杉並区で、盆踊り会場で綿菓子を食べながら転んだため、その割り箸が頭蓋内に刺さって、当時4歳の男児が死亡する事故がありました。
様子がおかしいから病院に連れて行ったのに、医師は刺さった場所を消毒しただけ。
発見が遅れたがために可愛い盛りの子どもを亡くした、その両親の無念さはよくわかります。
適切な治療が行われていれば死ぬことはなかったはずと信じ、医師を訴えたくなるのも人情というものかもしれません。
でも東京地裁は医師の過失を認めず、予見不可能として遺族の請求を棄却したようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000096-jij-soci
遺族の賠償請求棄却=診察医師の過失認めず−男児割りばし死亡事故・東京地裁
2月12日15時31分配信 時事通信

 東京都杉並区で1999年、杉野隼三ちゃん=当時(4つ)=が割りばしをのどに刺し死亡した事故で、医師が適切な治療を怠ったとして、父の正雄さん(56)らが病院を経営する学校法人杏林学園(三鷹市)と医師に総額約8900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。加藤謙一裁判長は「頭蓋(ずがい)内損傷を予見することが可能だったとはいえない」として、医師の過失を認めず、遺族の訴えを棄却した。
 医師は、杏林大付属病院に勤務していた根本英樹被告(39)=業務上過失致死罪で一審無罪、検察側控訴=。民事訴訟でも刑事裁判と同様、根本被告の過失の有無と、死亡との因果関係が争点となった。
 加藤裁判長は、過去に同様の例が報告されたことはなく、事故時に大量の出血もなかったなどと指摘。「割りばしが頭蓋内に入った可能性を考えるべきかについては、否定するのが相当だ」と述べた。


この事件が社会に与えた影響は少なくありません。
ウチの息子が通う養護学校のバザーでは綿菓子販売もやりますが、この事件のあとは綿菓子を作って袋に入れるときに、ぽろっと取れなければしごくようにして、割り箸は抜いています。
それまで危ないとも思わず無神経に使っていたところに、神経が行き届くようになりました。
綿菓子だけでなく、危ないようなものは前もって極力避けるような方向に行っていると思います。
事故があって終わりでなく裁判に訴えたことで、安全性向上への企業努力を促したのは異論のないところでしょう。

娘の友だちは幼い頃食事中に転んで、口の中に箸を刺してしまったことがあるそうです。
割り箸だったら柔らかいから折れますが、彼女のは硬いプラスチックの箸でした。
幸い鼻の横の方に抜けたとかで、今は後遺症もなく元気にしています。
それでも長いこと入院して手術も受けたようです。あとわずか横にずれていれば失明したかもしれないし、命も危なかったそう。
お兄ちゃんと食事中ふざけていたのが原因だそうで、二人ともあとでひどく叱られたということでした。

息子の学校でこんなことがありました。
お昼の給食のあと小学部を通りかかったら、歯磨きしている児童の一人が、歯ブラシをくわえたまま走り回っているのです。ゾッとしました。
すぐ子どもを捕まえ、近くにいた先生に危ないから止めさせるように言いましたが、先生自身その危険性に鈍感なようでした。
歯ブラシはまあ、折れても頭蓋には刺さらないかもしれませんね。のどを突いただけでもかなり痛いとは思いますが。

ところで、この事件で頭蓋に刺さった割り箸は7.6センチもあったそうです。
http://www.jiji.com/jc/zc_p?k=2008021200614&rel=y&g=tha
(司法解剖で頭蓋(ずがい)内に7.6センチの割りばしが見つかり、)
口の中で割り箸が折れたとき、それだけの長さのものが消えていることに気づくとすれば、それはその場に居合わせた当事者に限られるでしょう。あとで診た医師が、割り箸は折れただけで一部なくなったりしてませんよね? と確認することはないと思います。
それだけの長さのものが折れて頭蓋に刺さるというのは、よほど激しく転んだのでしょうし、確率としてはかなり低いでしょう。医師が予測することは難しかっただろうと私も思います。
まだ幼児の子どもにとって、割り箸も含めありとあらゆるものが凶器になる可能性を、保護者としては忘れてはならないでしょう。
posted by dashi at 19:19| Comment(6) | TrackBack(1) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。
 この件に関しては,医師が気づくのは難しかっただろうというのは同感です。
 裁判によって割り箸の危険性が周知されたのは良かった反面,この手の医療訴訟を恐れて医師が救急医療を敬遠するという問題も出ていると報道されており,どこまで裁判沙汰にすべきかというのは悩ましい問題ですね。
Posted by かば at 2008年02月13日 02:32
dashiさん、こんにちは。そうですね、レントゲンにも映りにくい割り箸、すっぽり入り込んで大量出血がなく、しかも今までに聞いたことがない話、難しいケースですね。

実は私も幼稚園の時、椅子を後ろに傾けながら箸をくわえていて倒れ、プラスチックの箸がノドに突き刺さったことがあります。
口の中だけあって出血が止まらず、かなり長い時間、園長先生の隣で横になっていた記憶があります。
・・・結局父が迎えに来て、病院すら行かずに家に戻ったのですが、今回のニュースを以前聞いたときにはぞっとしました。

そういえば10円の大きなアメを飲み込んでしまい、窒息しかかったこともありました。

子供の事故は怖いですねぇ。

千葉の動物園でベンチから倒れて亡くなった子の親御さんも動物園を訴えていましたね。どこからどこまで、誰の責任なのか難しいところです。
Posted by Kashin at 2008年02月13日 04:00
もうそんなに前の話になるんですねえ。

この事故はよく憶えていて、うちでも いまも、子どもらに、「刺さるよ!死ぬよ!こういう事故があったんだよ。」「こわい」という毎日です。99回は大丈夫だろうけど、もし一回が刺さって となると。後悔しても し切れないでしょうね。
でもその気持ちを、他者に落ち度があったんじゃないかと責めるのはどうかと。

そういえばここ数年、たいしたことなくても「念のためCTとっときましょうか」という話になりますねー。訴訟対策?
Posted by mm at 2008年02月13日 19:04
かばさま、Kashinさま、mmさま、コメントありがとうございます。
きょうの朝刊には、両親(原告)が控訴したと書いてありました。今さら後には引けないんでしょうか…。
医師の態度(謝罪せず突っぱねた)を責める人もあるようですが、自分に落ち度がないと思えば素直に謝れないですよねえ、それこそ罪を認めたと思われそうだし。
事件のおかげで起こらなかった事故も沢山あるかもしれないけど、被告にされたお医者さんは気の毒だと思います。
それにしても、私の小さいときなら割り箸をくわえて歩けば親や姉たちにどやされたと思いますが、最近のお医者さんや学校、幼稚園の先生は大変ですね。
Posted by dashi at 2008年02月14日 19:56
dashiさん、お返事ありがとうございます。
この事故の問題は、もはや個人のお医者さんの話ではなく、医療従事者全体の問題になってしまっているみたいです。

このお医者さんがプレッシャーに負けてしまえば、今後同じケースの訴訟が更に増え、救急に携わる医師は更に減ることでしょう。

これが「夜間に診断が手薄になるのは、国がしっかりした救急システムや、子供の事故を防ぐ過去の事故データベースなどを作っていないからだ」と、国を相手取って訴訟を起こすのであれば、今後につながるだろうし意味もあると思うのですが、個人のお医者さんを追い込むことで、親御さんに大きな収穫があるとは思えません・・・。

誰を責めるということではなくて、次回同じ事が起こらないようにすることが大事だと思います。
Posted by Kashin at 2008年02月16日 07:05
コメントありがとうございます、おっしゃること、ホントにその通りだと思います。
歴史を学ぶのは、過去の失敗を現代の教訓にするという意味もあるでしょうし。マスコミの報道はその点、方向性を示す視点に欠けているように思います。

きょう、地下鉄の中で座席の上に立ち上がっている子どもがいて(靴を脱いだだけマシですが…)、もし転がり落ちて怪我をしても地下鉄を訴えるなよ、と横にいながら注意をしない母親に言いたくなりました。マッタク、やりかねない世の中ですね。
Posted by dashi at 2008年02月17日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83725352
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

わりばし死亡事故裁判 遺族側敗訴です。
Excerpt: この出来事(事故以外の何物でもない,事件ではないでしょう)の 本質としては,亡くなったお子さんの死因はわりばしが 突き刺さるような食べ方をして転んだことであって 医者が殺したわけではないというこ..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2008-02-12 23:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。