2008年02月07日

威力業務妨害

自分の実家に「歩きやすい状態で」行くために、線路にアスファルト状のものを敷いて勝手に「踏切」を作った男性が、威力業務妨害で逮捕されたそうです。
(下のサイトには現場の写真もあります)
http://www.asahi.com/national/update/0207/OSK200802070045.html
 線路を横切る里道を歩きやすくしようと、JR線の軌道上を勝手に舗装したとして、広島県警安佐北署は7日、奈良県橿原市白橿町3丁目、無職升岡了容疑者(73)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。升岡容疑者は「舗装はしたが業務は妨害していない」と犯意を否認しているという。
調べでは、升岡容疑者は昨年8月後半以降に広島市安佐北区白木町井原のJR芸備線上で、幅約1メートル、長さ約3メートルにわたってレールの周囲をアスファルト常温混合物で舗装し、JRの保守点検業務を妨害した疑い。JR西日本が8月15日に現場付近を点検した際に異常はなく、12月18日になって舗装されているのを見つけたという。
 現場は升岡容疑者の実家前で、同容疑者は99年ごろからJR西日本広島支社に「軌道内の砂利が歩きにくいので踏切を作ってほしい」と要望していたが、断られていたという。同容疑者は「JRがしないなら自分でしてやる」とJR側に一方的に宣言し、舗装を始めたという。
 JR芸備線は単線で、平日は上下線合わせて1日43本が運行している。


逮捕されたのは奈良県の男性ですが、以前は現場(広島県)のすぐ前にある実家に住んでいたそうです。
線路の脇まで里道(という用語は初めて聞きました。農道のようなものでしょうか)が来ているようで、この男性以外にもここを日常的に通る人がいるなら、この「踏切」があると助かるかもしれませんね。
写真に立て看板が写っていますが、近くにホンモノの踏切があるそうで、そっちを通ってくれというのがJRの言い分なのでしょう。でも目の前の家に行くのに、わざわざ遠回りして(どのくらいの距離があるのかわかりませんが)足場のいい踏切を通る人というのも、あまりいないんじゃないかという気もします。
都市部のように数分おきに電車が通る路線とは違い、単線で一日43本ということですから、朝夕を除けば一時間に2回通るかどうかというのどかなところなのでしょうし。

線路の砂利(バラス)の上を歩いたことがある人は、今はあまりいないかもしれませんね。地面より高い位置にありますし、かなり歩きにくいです。
この逮捕された男性のような高齢者にとっては、足を取られて転びそうになる可能性大。舗装したくなる気持ちもわかる、と同情したくなります。
まあでも、同情されるまでもない元気な人なのでしょう、左官仕事の経験でもあるのか、なかなかきれいに仕上げてあるようです。
これくらい大目に見たらいいじゃん! って思わず言いたくなりますが、保守点検の妨げになる(と主張される余地)はたしかにありそうですね。線路は夏は伸び冬は縮むため隙間をあけて敷設するそうですし、余計なものをくっつけられても困るでしょう。
ただ、線路の両側にはちゃんと溝が作ってあったそうですし、実害はなかったような印象は受けます。まあ、真似されると困るからJRとしては放置するわけにはいかないんでしょうね。

それにしても「威力業務妨害」とは…。
「威力」は、法律用語として「人の意思を制圧するに足りる威圧的な行為」(by広辞苑)とあります。
刑法 第35章
(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条  虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(威力業務妨害)
第234条 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金、けっこう重罪?
威力業務妨害罪は「威力」「業務」「妨害(明らかに業務に支障をきたした、という被害実態が必要)」という3条件がそろってはじめて有罪になるそうです。
「業務」を「妨害」したのは文句ないところでしょうが、「威力」というのに興味を覚えます。
逮捕された男性が「JRがしないなら自分でしてやる」とJR側に<一方的に宣言し、舗装を始めた>から「威力」ということなのでしょう。

業務妨害には「偽計業務妨害(信用毀損及び業務妨害)」と「威力業務妨害」があります。(今はそのほか、電子計算機損壊等業務妨害というのも。こっちは五年以下の懲役又は百万円以下の罰金
「結果として業務を失敗させる」のが偽計。「そもそも人に業務をさせない」のが威力。
「中華そば店に何百回も無言電話をかける」や、「デパートの売り場の布団に500本近い針を入れる」は、「そもそも業務をさせない」わけではないからか、偽計業務妨害の判例があるそうです。
一方、食堂に蛇を投げ込む、弁護士のかばんを奪って隠す、競馬場に釘を撒いて競馬の挙行を妨害する、といった行為は威力業務妨害。
なお、「漁場の海底に障害物を沈めて魚網を破損させる行為」は偽計となるそうです。コッソリやったから?

上の踏切は早ければ8月、遅くとも12月18日までに作られ、そのあと(最低でも)2ヶ月近くは何事もなく運行していたわけですから、これが威力業務妨害にあたるのかどうか。
本人が「舗装はしたが業務は妨害していない」と犯意を否認した、というのもうなずける話です。
いくらかかるか知らないけど、JRが踏切を作ってくれればいい話じゃん、とも思います。
私個人としては、どんな決着がつくのか興味津々です。原状回復を条件に不起訴、かな?
まさか逮捕までされるとは思わなかったでしょう。升岡さん、お疲れ様でした!


posted by dashi at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。