2008年02月03日

朝、のどが渇いて目を覚まし、水を飲みに台所へ行ってびっくり。
出窓の外が妙に明るいのだけど、晴れた日とは違う白っぽい明るさで、雪だとすぐ気づきました。さすがに寒い。
予報で雪が降ると言われながら今まで降らずじまいだったので、この冬は雪を見ないで終わるのかと思っていました。たまには雪もいいけれど、積もるとたちまち外出に困ります。きょうは日曜日でホントによかった。
一日家に閉じこもって息子は退屈だっただろうけど、仕方ありません。
息子の部屋の雪見障子を開けて(日中もわざわざ閉めて薄暗くしています)、「ほら、雪だよ。ずいぶん積もってるねーー。きょうは外には行けないね」と説得(?)し、しばらく一緒に雪を眺めました。

雪と言えば、私は
「♪ゆ、きでした あなたのあとを なんとなく ついてゆき たかった」
「振、り向いた 貴方の瞳は 早くお帰り ぼうや って言ってた」
という「猫」(というグループがあったのですよ)の歌が口をついて出ます。
テレビも持ってなかった貧乏学生の頃、ラジオでよく流れていたような記憶があります。
きょう検索で初めて知りましたが、これは吉田拓郎の歌だそうです。「猫」は拓郎のバックバンドだったということなので、その縁なのでしょう。
参考までに、歌詞とコードはこちらに載っています。
http://music.j-total.net/data/038yo/001_yoshida_takuro/032.html

千葉県市原市でも、こちらとあまり変わらないくらい雪が降ったんじゃないかと思いますが、自閉症の娘を殺した母親が自首した、という事件があったそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080203-00000052-mai-soci
中1の三女殺害容疑で母を逮捕 千葉
2月3日19時5分配信 毎日新聞

 3日午前6時35分ごろ、千葉県市原市辰巳台東の県警市原署辰巳台交番に、東京都大田区仲六郷2、無職、池田由起子容疑者(48)が「近くの実家で娘の首を絞めて殺した」と自首してきた。署員が同市大厩(おおまや)の住宅を調べたところ、布団の上であおむけで死亡している三女耀(よう)さん(13)=同区立東調布中1年=を発見し、池田容疑者を殺人容疑で緊急逮捕した。
 調べでは、池田容疑者は3日午前2時ごろ、空き家だった実家の和室で、就寝中の耀さんの首を和服の腰ひもで絞め殺害した疑い。耀さんは自閉症だったといい、池田容疑者は「介護に疲れた。娘を殺して、自分も死ぬつもりだった」などと供述している。
 池田容疑者は夫(52)や耀さんら4人暮らしで、2日午後4時ごろ、母娘で実家を訪れたという。台所のテーブルの上には「皆さんごめんなさい 由起子」などと書かれたメモがあった。【山本太一】


自閉症と雪は相性が悪いのかどうか、ウチの息子も今朝の起き抜けはいつになく落ち着きがなくて、余計なことばかりしてくれ、私はイライラさせられっぱなし。
「もうアンタみたいな子いらん! 出てって!」と怒鳴っていたら、「きのうじゃなくてよかった」とつぶやきながら娘が起きてきました。(きのうは娘の友人が遊びに来ていたようですが、私と息子は外出していて会ってはいません)
自閉症の子がいなければ怒鳴ることもない、家庭は平和というわけでもないでしょうが、すべて投げ出して逃げ出したくなることは私にも今までに何回かありました。
特に思春期で不安定な時期には、わけもなく暴れたり私に殴りかかったりもしました。

殺された女の子は中一ということですから、一番難しい時期だったかもしれません。
女の子の自閉症のお母さんに聞いたところでは、生理中(とその前)はとてもイラついて大変だそうです。
何年かたって慣れればいいのかもしれませんが、初潮からしばらくは人前でナプキンを取って投げるなど過激なこともされ、死にたくなる思いをするお母さんもいるようです。この母親も、何かそういうことがあったのかもしれません。
何も殺すことはない、自分で育てるのが無理なら児童相談所や福祉事務所に泣きついて施設に預かってもらえばいい、と無責任に言うのは簡単ですが、そうできない事情があったのでしょうか。
相模原では、引きこもりの兄と障害者の弟(20代)の二人を殺した母親もいました。思い詰めて警察などに相談に行ったけれど、なかなか親身になって考えてはもらえなかったようですね。

ふんわりとかかった厚めの白いベール。事件事故も、毒ギョウザも、「35過ぎると羊水が腐る」発言(倖田來未 )も、すっぽり覆われたような観があります。
「太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪降り積む
 次郎を眠らせ 次郎の屋根に雪降り積む」(三好達治)
今夜は、ウチの息子もよく眠らせてほしい。
posted by dashi at 22:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 自閉症関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Dashiさん、お久しぶりです。日本は太平洋側の関東地方も雪になったんですね。

ここ数日、Dashiさんの記事はどうなるかなと思うような報道が続きましたね。中国の餃子問題、自閉症の子が母親に殺された話などなど・・・。

こちらの中華街で先日梨を買ってきた時の事。使い忘れて1ヶ月経ち、冷蔵庫を覗いたら、全く変化なく瑞々しかったのが不気味でした。賞味期限が長く、見かけが美しいものを買うことは、必ずしもいいことではないとその時感じました。

採血のお話では、自分の経験も思い出されました。年齢が高く、かつ採血が難しい子の処置はなかなか難しいですね。小児科では自閉症の子に会う機会が特に入院では少なかったのですが、ダウン症の子や痙攣もちの子で苦労したことはありました。自閉症専門の機関がそこの所をどうやってクリアするのか、後日談をまた教えてください。

自閉症の女の子がお母さんに殺された事件、お母さんは今まで周囲からの援助が受けられずに大変だったことと思います。こういったお話は報道して終わり、というのではなく、同じことが起こらないようにするにはどうしたらいいのか、考える機会になるといいのですが・・・。

こちらの国のお話ですが、私の周囲では自閉症の子とのかかわりでバーンアウトして仕事を辞めた人が複数いらっしゃいました。問題行動がコントロールできない、周囲の人が怪我をする、怪我に対する保障が少ない、自分の能力に限界を感じた、といった話を聞きました。
専門職の人でもそうな訳で、ずっと長い間付き添っている親御さんの負担は、どんなに大きなものかと思います。

いろんな形で、明るくなっていきたいですね・・・。
Posted by kashin at 2008年02月04日 08:21
Kashinさま、コメントありがとうございました。採血の後日談は是非、ネタにしたいと思います、きっと何かやらかすことでしょう。
きのうは、一般の歯医者さんに初めて連れて行きました(検診です)。障害者専門のところで検診受けて慣れていたのでスムーズに出来ました。これが削るとなるとネットが必要なのかもしれませんが…。
「黒いものがあったが、虫歯でなくて髪の毛だった」と言われて苦笑。このごろときどき髪の毛を抜いて口に入れるのです、一過的なものだろうとあまり気にしてなかったのですが。いろいろあります^^。

梨の皮むいても、気持ち悪いですね。
コンビニのお弁当を二ヶ月ほったらかしにしていてもそのままだった、と書いた文章を以前読みましたよ。それ以来セブンイレブンでしか買う気がしません…。めったに買いませんけどね。
Posted by dashi at 2008年02月05日 23:37
dashiさん、お返事ありがとうございます。

歯医者さん受診は、けっこう大関門ですよね。私が行っていた歯医者さんは何でも来い!というワイルドな先生で、どんな子でも時には吸入麻酔でも使って治療してました。自分の患者さんで歯科治療が必要なときには大きな病院に一緒に行った事もありました。

コンビニ弁当のお話ですが、どこかで「あるコンビニ弁当を毎日、豚か何かに食べさせていたら早く癌になって亡くなってしまった」という怖いうわさを聞いたことがあります。先日あるコンビニで買ったパック入りのおでん、2週間経っても全く変化がありませんでした・・・。

セブンイレブンは比較的安心なんですか。今度から何か買うときには遠出してセブンイレブンに行きます。
Posted by Kashin at 2008年02月10日 09:08
コメントありがとうございます。

セブンイレブンは無添加をウリにしてますよね。
賞味期限が短いから、一日に何度も納品しているようです。2週間は持たないと思いますよ^^。
(ほかのコンビニはよくわかりません、またいい加減な発言をしてしまった^^。)

セブンイレブンにお弁当やおにぎりを納入している食品工場で働いていたことのある知人が(たまたま)数人いるんですが、そこは数年前にHACCEP(HACCAPと言う人もいます。なかなか取れないそうです)を取得したそうで、衛生管理がとても厳しいそうです。ちょうど、中国のギョウザ工場みたいなものかもしれません。
目のいい知人が何か(すごく小さいもの)混入しているのを見つけて、とても感謝され、ご褒美にカップ味噌汁をもらったと話していました。
Posted by dashi at 2008年02月10日 20:59
はじめまして。
篁先生のことを検索していて、こちらにお邪魔しました。

自閉症の方は雪の時は厳しいでしょうね。低気圧で調子が崩れる上に寒くて体温を上げるのが大変だし…。私のみている子どもも台風ほどではないにしても、雪には注意して体調を崩したりいつものように行動できなくなったりするのでのんびりマイペースで過ごせるように気をつけています。
よくよく注意してみていないと、雪や寒さやいろいろなことで何をその子が困っているのか、不都合を感じているのか、苦しんでいるのかがわかりにくいですもんね。お昼寝の時にはペットボトルの湯たんぽを入れると、足をくっつけていました。でもなかなか温まらなくて…。何か速効で手足が温まる道具があったらいいのになあ、と思っています。

この冬は南岸低気圧がたくさんきていますね。これから後もまだ雪の日があるのではないかと思います。少しでも快適に自閉症の皆さんが冬を乗り越えられるように、と思っています。
Posted by ゆで卵 at 2008年02月17日 12:21
どうもいらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
自閉症の子はわりとそうですが、痛みや寒さにかなり鈍感で、ウチの息子はこの寒さの中、お風呂上りはパンツ一枚で過ごしています(無理に着せると破きます)。

ところで、即効で温まる、道具じゃないんですが、方法がありますよ。
「ふくらはぎの中央より少し上、つかむと痛みを感じるあたりにツボがあります。そこを刺激(さするだけでOK)するとポカポカしていい気持ちですよ。足が冷えて眠れないときなどに是非お試しください。」
こちらに全文があります。
http://dashisroom.seesaa.net/article/36767588.html
私も寒くて寝付けないときは、土踏まずで反対の脚のふくらはぎをごしごしやったりしてます。
Posted by dashi at 2008年02月17日 18:45
さっそくのお返事、どうもありがとうございました。

足のつぼは明日すぐにやってみます。

私のAちゃんは本当に手も足も温まりにくくて、それなのにそれへの対応をまだ知らないので寒いところで遊んでいて、手が冷えると口に手を入れて温めていたり、体が冷えると部屋に入ってしまい大好きな外遊びが続かなかったり、冷え切っては自分でも弱っているようです。ズボンの下にスパッツをはかせ、手袋をしたらどちらもなくなりました。

篁先生の教えでは、自閉症の子は暑い時も寒い時も体温調節が難しいとのことでした。息子さん、パンツ1枚が心地いいくらいお風呂では十分温まっているんですね。お部屋も暖かくしてあるのでしょうか。

私は脱衣所があまりにも寒いので、風呂上りはいつも風呂場の中で服を着ています。考え直そうかと思いました。

またお邪魔します。ありがとうございました。
Posted by ゆで卵 at 2008年02月17日 22:40
篁先生はずいぶん前から存じ上げてますが、一貫して自閉症者の側に立った、とーっても上品で優しい先生で、お話を伺う度にいつも感銘を受けます。柔らかな敬語の使い方に、育ちの良さを感じてます。見習いたいなあと^^。
本を書くのを潔しとされないそうで、もったいないなあと思ってます。神戸に住んでる姉(養護学校の教師でした)が、講義録を取り寄せたりしてましたけどね、著書は聞きませんね。

お風呂上りはしばらく(なるべく)裸でいるのがいいそうですよ^^。
コメントありがとうございました。
Posted by dashi at 2008年02月18日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。