2007年09月30日

特別養子縁組

私の親戚に、子どものできなかった夫婦がいます。
40近くまで不妊治療を受けたものの、とても痛い思いをする上にお金もかかる(100万単位?)ものだそうで、叶わないまま諦めたようでした。
二人とも子どもが大好きで、とてもいい父親母親になれたと思える人たちです。
奥さんの方は就職はしなかったけど教職課程を履修した人で、小学校で教育実習をしたのがとても楽しかったと言っていました。
この人から最近私に電話があり、養子を考えていると打ち明けられました。

二人とも私より少し年下で、早い人なら孫がいてもおかしくない年齢です。
夫婦仲が良く、夫の仕事で何年か海外赴任だったときは、子どものいない身軽さからあちこち旅行したりと外国生活を楽しんでいたようでした。
子どものいない仲良しの夫婦も珍しくありませんから、私はてっきり二人もそうなるのだと思っていましたが、子どものいる暮らしを諦め切れなかったものとみえます。
生まれたばかりの赤ちゃんを考えている、という彼女に、
「私はどうしても考えてしまうけど、生まれたばかりでは自閉症はわからないよ」
と言わずにはおれませんでした。私の味わって来たものを、彼女に勧める気にはなれません。

ダウン症など染色体の異常や、身体に現われる障害なら生まれてすぐでもわかると思います。
成長の過程で事故や病気で障害を負った場合は、二人なら実子と同じように悲しみ、苦しみを分かち合うでしょう。でも、たった一人の他人の子を引き取って育てるのに、その子が障害児だったら、引き取る方も引き取られる方もお互いに不幸だと思います。
不妊治療を受けていた頃、高年齢出産で障害児発現の割合が増すのは「覚悟の上」と話していた人ですが、実子ならともかく養子にまでその覚悟をしろと言うのは酷。
「この子がいてよかった」と話す障害児の親も、「自分の子にも(障害児を)産んでほしいとは思わない」と言います。

自閉症の子の中には、普通かそれ以上の速さで成長してしゃべり始め、そのあと言葉が消えてしまったという過程の子も少なくありません。
そういう話をするお母さんに、何人も会いました。
まるで退化するみたいに、言えていた言葉を言わなくなり、出来ていたことが出来なくなるそうです。
ウチの息子も、ほんの少しですがしゃべりかけていて消えたクチです。
見た目可愛くて賢そうに見えるから、障害があるとはにわかに信じ難かったりしますね。
2歳か3歳ぐらいならわかるんじゃない…と言っていたら、彼女は実子として入籍したいのだそうです。だから生まれたばかりの赤ちゃん。

それなら、特別養子縁組というのがあるよ、と話したことでした。
子どもの福利のためにともうけられた制度らしいですが、この特別養子縁組という制度については、もっと知られてもいいんじゃないかと思います。
裁判所のサイトに詳しい説明がありました。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_09.html
特別養子縁組とは,原則として6歳未満の未成年者の福祉のため特に必要があるときに,未成年者とその実親側との法律上の親族関係を消滅させ,実親子関係に準じる安定した養親子関係を家庭裁判所が成立させる縁組制度です。そのため,養親となる者は,配偶者があり,原則として25歳以上の者で,夫婦共同で養子縁組をする必要があります。また,離縁は原則として禁止されています。

養子縁組を解消することを離縁といいます。
この子はヤダ、や〜めた、が許されないわけですね。
実子と同じように愛情を注いで育てることが求められるわけで、だから(それまでの記憶があまり残らない?)5歳までしか認められていません。一定期間里子として過ごしたとか、兄弟の子であるとかいった、実績や事情も考慮されるようです。
縁組には裁判所の許可が必要なわけですが、これが認められると実子と同じ扱いとなって、実の親の存在も戸籍には残らないと思います。
子どもがほしいけど出来ない人は、DNAにこだわって危険な代理母を考えるよりも、こっちの方が合理的ではないでしょうか。
たいして費用もかからないようだし、赤ちゃんポストに捨てられて親が迎えに来ない子などに対し、もっと積極的に進められてもいいんじゃないかと個人的には思っています。生みの親に育てられるのが一番幸せ、というのは、幻想ですから。
posted by dashi at 23:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 自閉症関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ネットで検索していたら、こちらにたどり着きました。熊本で7歳の自閉症児を育てています。知的障害のある重度の自閉症で療育手帳A1を持っています。言葉は話しません。とても参考になることが書かれていますね。また、
遊びにきます。よろしくお願いします。熊本で「こうのとりのゆりかご」のある慈恵病院では、養子縁組もされているようです。熊本の地元の熊本日日新聞に記事がのっているのを読んだことがあります。ここの病院は、とてもよい病院だという話です。県外の方でも相談にのってくれますよ。
Posted by ミキ at 2007年10月02日 11:11
はじめまして、どうもいらっしゃいませ。新人さんは久しぶりだなあ…^^
慈恵病院の養子縁組のこと、伝えてみます。情報をどうもありがとうございました。

自閉症関係は、このブログでも前のgooブログでもずいぶん書いてますね〜。ちりも積もれば、ってやつです。何を書いたかいちいち覚えてないから、小さいときの話は、もしかしたらダブってるかも。
案外参考になるかもしれないから、自閉症関係のカテゴリーをご覧いただければと思います。
おすすめをひとつ。
http://blog.goo.ne.jp/kimuraminori/e/ab1990a8f2efb9001405312857ce6418
Posted by dashi at 2007年10月02日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58111903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【 赤ちゃんポスト 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: 赤ちゃんポストに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-10-01 01:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。