2007年02月21日

クジョルパン(九節板)

きのう「韓国の宮廷料理」教室でクジョルパンを作りました。
正式にはそれ専用の黒い重箱に盛り付けて、酒とともに供するおもてなし料理らしいですが、重箱はないので大皿を使いました。
07-02-20_12-48.jpg

中央に小さいクレープ状に焼いたミルジョンピョン(やわらかい餃子の皮って感じです)を重ねて積み上げ、周囲に8種類の具(なぜか昨日のは9種類ありました)を並べます。
具は薄く切って細く千切りして胡麻油でさっと炒め、塩コショウします。炒めすぎない(色を確保する)ためには水を加えるといいそうです。
ニンジンと赤ピーマンの赤、卵の黄身、白身(分けて薄焼きにします)、きゅうり(皮)とピーマンの緑、筍に椎茸や牛肉と彩が美しい。好みの具を取ってミルジョンピョンで包み、たれにつけて食べます。
お上品な料理だから、焼肉を青菜に包むときのような手づかみは駄目で、終始箸を使って食べるべきだそうです。

もともとは宮廷で王様が召し上がるもの(肉の種類が多いなど)と庶民のものとでは、具にだいぶ開きがあったようです。
これに限らず韓国の料理は季節の野菜をふんだんに使う伝統があって、とてもヘルシー。きくらげやセリ、もやしや大根などいろんな選択肢があるようですね。
きゅうりは7センチに切ってかつらむきにし細い千切り、内側は捨てるように指示されました。でも昨日の参加者は(私のグループは)中年以上の5人組だったので、きゅうりの中身は「もったいない」と捨てられず、輪切りの塩もみにしてしまいました。
ついでに言うと、きゅうりの皮を炒めるのにも抵抗があって「生でイイよ」ってことになりました。

周囲の8種にミルジョンピョンを合わせて(クジョルパン九節板の)九。この8は何を表しているかというと、韓国の8つの「道」だそうです。道というのは日本の都道府県のようなもので、韓国全土が8つの道に分けられています。こちらの地図が大きくてわかりやすいと思います。
http://www.konest.com/data/map_korea.html
(ソウルがかなり北にあることや、釜山港が日本に近い側にあるのがよくわかりますね。長崎県の対馬からは晴れた日には韓国が見えるそうです)
なお、うちの本棚でほこりをかぶっていた韓日辞典を引っ張り出してみたところ、こちらではクジョルパンに「九折板」の字が当ててありました。

だいぶ余ったので少しずつラップに包んでもらって帰りました。
一枚だけのミルジョンピョンも細切りにして一緒に青じそドレッシングで和えてみたら、なかなか美味しかったです。ニンジンやピーマンの細切りをそのままサラダにするのでなく、胡麻油か水でさっと炒めてから和えると食べやすいし美味しいと思いました。
きのうはこのほかわかめスープやテハチムも作りました。
07-02-20_12-50.jpg
テハチムは「海老と野菜の松の実あえ」。海老は蒸し、ニンジンや絹さやは茹でて、茹で筍、松の実と和えて、薄焼き卵を散らした料理。ニンジンや卵(白身と黄身を別々に焼きます)はダイヤ型に切るので、切れ端が出るし手間がかかります。
さすが宮廷料理、見栄えのいい美味しい料理でした。私たちが作ったのはちょっと貧乏くさい(笑)。

講師の手作りのヤクパプ(薬食)という、もち米のデザートも一緒に「王様の料理」をいただきました。初対面の受講生仲間とも親しく談笑できて楽しいひとときでした。
今回は「男の料理教室」を受講して家でも作ってます、というリタイア男性も二人参加してて賑やかでした。
神奈川新聞のカメラマンが取材に見えてたので、今日の紙面を飾ったのかもしれません。
全2回の料理教室なので、次回にもう一回行っておしまいです。
(画像が荒くてすみません、雰囲気を想像してお楽しみ下さい)


posted by dashi at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー、おいしそうです!
前にクジョルパンのこと、テレビでやっていて、食べてみたいなと思いました

中華料理では、日本でサラダに使う生野菜でも、ほとんど炒めるそうですね
韓国でも生野菜は食べないのでしょうかね?

きゅうりの安い時期には、私はきゅうりも野菜炒めに入れて食べます
ナマとはちがった味わいでそれはそれで美味しいですよ
中身を捨てるなんて、できませんよね

なんかー手巻サラダみたいでいいですね
休みの日に作ってみたくなりました
Posted by カメ at 2007年02月21日 23:24
ひどい写真だから、想像力を刺激しますね(笑)。ぜひお試しください。
韓国は春菊を生でサラダにするようだし、生野菜はよく食べるようですよ。
中国は生ではめったに食べないですね。衛生上の問題もあるかと思います、水は硬水でいったん沸かしてから使っていたし。
きゅうりは酢豚なんかに入れたりしますよね。私は生のほうが美味しいけど。冬瓜みたいに使ってもいけるんじゃないでしょうか。
コメントありがとうございました。
Posted by dashi at 2007年02月22日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34346492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。