2013年03月03日

春一番

金曜日は春一番が吹き荒れ、息子と一緒に坂道を歩いていたら吹き飛ばされそうでした。
信号を渡って陸橋を越え、階段を下りてぐるっと回ってまた坂道を上って、いつもの床屋さんへ。
一週おきの金曜日夕方に床屋さんへ行って、息子の頭を2ミリに刈ってもらいます。襟足や眉のまわりもきれいに剃ってもらうので、頭は寒そうながらもすっきりして気持ちよさそうです。
「かみのけ、かみのけ」と連呼しながら走って行こうとするのを、何度も呼び止めて待ってもらいながら同行します。たぶん一人でも問題なく行けるだろうとは思うのですが、トラブルが心配で過保護にしています。
散髪が終わって家に帰る途中の道から、晴れていれば富士山が望めます。晴れていることはめったにないので、見えたら超ラッキーという感じ、息子にも「ほら、富士山が見えるよ! 珍しいよ!」と声をかけても、ちらと頭を向けるだけで無関心、です。

早くも三月に入り、私の司法書士本試験まで四か月を残すのみとなりました。
webで講義を聞いていて「えっ、なんのこと?そんな話初めて聞いた」。が、以前のテキストを開くとしっかりマーカーが引いてあり、見覚えのある字で書き込みまで。でもそんな記憶がまるごと抜けていて、認知症が始まったのかもーと心の中は春一番ーーそんな時期も過ぎて、落ち着いて勉強を続けています。
眼底出血をした右目ではまだ直線が波打って見え、肩は凝りますが、再出血はなく飲み薬もだいぶ前におしまいになりました。健康に何の不安もなかった若いときに勉強を始めていれば、と考えることもありますが、人生経験を重ねた今こそできる仕事もきっとあるはずだと信じて頑張っていきたいと思っています。

posted by dashi at 11:58| Comment(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。