2012年07月10日

少年は「なぜ」死んだか

大津のいじめを苦にした自殺の件で、連日学校の対応が批判というか糾弾されています。
たしかに学校の対応はひどい。ことに直接何度も相談を受けながら放置していた担任には、未必の故意(そうなってもいいと思った)により殺人の従犯が成立すんじゃーなんて思ったりもします。
でも、なんといっても一番ひどいのは、自殺に追い込んだ子供たちです。暴行傷害致傷、窃盗の間接正犯、脅迫、恐喝、殺人教唆(自殺強要)、、暴力団も真っ青の凶悪犯と言えるでしょう。未成年だから叩けないからって、叩きやすい学校を叩き続けるのは、やり玉に挙げる目的物が意図的にすり替えられている印象を受けます。
いったいどうして、この主犯は野放しのままなんでしょうか? どうして、もっと早い段階で補導されなかったんでしょう。敬遠するしかない、怖い組長の息子なのかと思っていました。
父?親はPTA会長だったという話、祖父が警察OBだった(地域の有力者?)という話もあるようです。
でも、それだけでは納得いかない。被害者側に、執拗にいじめられなければならない(暴力を甘受しなければならない)どんな事情があったのでしょうか。
少年は「なぜ」死んだのかを私は知りたい。
死ぬ以外に、登校しない、転校するという選択は許されなかった?登校しないと引きずり出されたんでしょうか? それとも、失礼ながら本人や家族に知的障害がある?障害者の親としては他人事でなく、そんなことを考えてしまいます。
posted by dashi at 13:39| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。