2011年01月01日

謹賀新年


おめでとうございます。
大荒れの予報ははずれて、穏やかに明けた新年でした。
昨夜は、NHKのなりふり構わぬ事前PRぶりに嫌気がさして、初めて紅白を見ない大晦日でしたが、たまたまチャンネルを変えたときに桑田某が出ていたので注目しました。病み上がりという印象で正直なところ痛々しかった(しんどそうでした)ですが、元気になった姿に喜んだファンは多かったでしょう。
この人の息子さんの一人が自閉症(その療育で有名な学校に行った)なのはコアなファンならみんな知っていること (秘密にはしてない) らしいですが、いつか、親としての気持ちも発信して、同じ悩みを持つ人を励ましてほしいなと個人的には思っています。

ウチの自閉症の息子も今年は年男です。
髪を抜いてしまうので丸刈りにしたら、すっかり気に入って、金曜日の夜になると「バリカン、バリカン」とうるさいのでお風呂で刈ってやることにしています。
昨夜も金曜日でしたが冬休みでいつもとスケジュールが違うけど、どうかな(曜日がわかるかな)と様子を見ていたらやっぱりバリカンと言うので、今年の刈り収めとやってやりました。
丸刈りの上に、普通の服は破いてしまうのでユニクロの黒のスウェットを制服のように毎日着ていて、かなり見てくれが悪い。でも、例の酒癖の悪い御曹司のおかげで、丸刈りも社会的にあまり異端視されなくなったような気もします。

今年の我が家にとって大きな変化となりそうなのが、娘が飼う(買う)といってきかないネコです。たぶん一月中にはやって来ることになるでしょう。
息子が大の犬嫌いということもあって、たぶん嫌がるだろうとずっと反対していましたが、押し切られることになりそうです。
私としては、ネコは嫌いじゃないけど、余計なトラブルに頭を悩ませず受験勉強に没頭したいところです。宅建と違って、格段に難しく、かなりの集中を要求される学習内容なのです。丸暗記ではゼッタイだめで、きちんと理解しながら山を崩していく感じ。脱落する人が多そうな印象は強く受けます。
人づてに聞いたところでは、司法書士の予備校に来る生徒のうち、半分は最初から無理な人なのだそうです。あとの半分に入れるよう、頑張りたいと思います。

みなさまにとっても、充実した、あとで振り返って満足のいく年になりますよう。
posted by dashi at 22:20| Comment(0) | 自閉症関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。