2010年11月11日

ヒーローラット

昨日の朝だったか、テレビで見かけた情報。アフリカのタンザニアで、地雷除去に、訓練されたネズミ・ヒーローラットが大活躍しているというのです。
ヒーローラットで検索してみたら、詳しく解説されたサイトがありました。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2774225/6428536
ネズミと言ってもけっこう大きい種類で、日本では動物園でしか見かけないんじゃないかと思います。こういうネズミが野生でいたなら、食べる量もハンパじゃなくて穀物倉庫とかかなり荒らし、徹底駆逐の対象となりそうな気もするので、こういう形で人間と共存できるのはいい話だと思いました。

大型だから脳も大きいのか、案外賢くて、訓練すれば100%の成果を挙げるそうです。
地雷除去というと亡きダイアナ妃のヘルメット姿を思い出しますが、人力で除去するのはあまりに危険だし効率が悪い。ネズミは軽いので上に乗っても爆発しないし、ネズミらしくちょこまかと動いて素早く探し出していました。
大型の戦車みたいな地雷除去専用車の写真を見たことがありますが(バンバンと地面を叩いて爆発させる)、機械は故障が多くて経費がすごくかかるそうです。

それにしても、地雷原の地雷を除去するというのは、上流でどんどん不法投棄され続ける原油を手ですくってきれいにしようとしているようなもの。銃の取り締まりもそうですが、発生源(製造元)から断つ必要がありますね。
戦争がなぜ終わらないのか、誰が得をするのかを自分の頭で考える必要がある。そのためには考える余裕を生むための貧困の解消と、やはり子どものときからの教育だと思います。

このネズミ、結核菌の嗅ぎ分けも出来るので患者(保菌者?)の発見にも使えるということでした。日本のような栄養状態や医療環境がいい国では結核も死に至る病になることは少ないですが、結核の流行で命を落とす人が多い国もまだまだたくさん。感染源を発見できる意味は大きいでしょう。
使いようによっては人類のよき救命主としてヒーローぶりを発揮してくれそうです。
posted by dashi at 12:59| Comment(0) | 興味津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。