2010年10月31日

いじめ自殺

学校のいじめを苦にした中学生が自宅で首吊り自殺した事件。
今朝のテレビで、その父親が首から下の映像で登場し、学校には何度も何とかしてくれと訴えていたと話していました。
転校して来るまでは明るい子だったそうで、前の学校の友だちにあてた手紙(返信)が、投函されないまま見つかったという報道もありました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101031-OYT1T00093.htm
両親も少女の苦しみを座視していたわけではなく、再三申し入れもした挙句、学校に見切りをつけたのか3月に引っ越すことにしていたそうです。父親の仕事の都合もあるでしょうし、引越しは大きな決断なのはわかります。でも、だから「それまで頑張ろう」とは、それはあまりに酷だったのでしょう。
頑張らないでいい、そんな辛い目に遭ってまで行くほどのもんじゃない。学校なんて行かなくても勉強はできる、学校よりあなたの方がずっと大事だよ、と言ってもらえたらあるいは死ななくて済んだのかもしれません。
少女は3月まで頑張りたくなかった。今すぐ、なんとかしてもらいたかった。引越しでなくても「学校に行かない」「親戚やどこかよそに預ける(身を寄せる)」など、やりようはあったんじゃないかと思います。

数年前にビッグコミックオリジナルで連載されていた、「光の島」というコミックがあります。
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%89%E3%81%AE%E5%B3%B6-1-%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%B0%BE%E7%80%AC-%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89/dp/4091863817
この中に、学校で教師ぐるみのいじめを受けて苦しむ子どもが、休みがちの学校にちゃんと行くように父親に迫られ、その目の前で自宅マンション(高層階)のベランダから飛び降りようとして母親に抱きとめられるシーンがありました。そこまでやって初めて、父親はことの深刻さに気づくのです。
このコミックでは、この子は南の島に内地留学して精気を取り戻すのでした。
(原作がルポルタージュなので、実話に基づいた話だと思います)

近くに住む娘の同級生に、小学校低学年からほとんど学校に行かなかった女の子がいます。一人っ子で屈託はなく、よくお母さんと一緒に自転車で図書館に出かけたりしていました(当時は不登校の子はまだ珍しかったと思いますが、堂々としていました)。
その子と気があって仲良しだったら、ウチの子も同じコースを歩いたかもしれません。(一時不登校しかけましたが、我慢して通う道を選び10日ばかりで止めました。その最中に悩んでいたとき、当時北京にいた夫に電話でその話をすると、夫は激高して<私の育て方に対する怒りだったでしょう>、「首に縄をかけてでも学校に連れて行け」と怒鳴ったものです)
その子は不登校の子専用の高校に進み、専門学校を出て結婚し、今は実家のそばで3人の子の育児中。結局のところ、彼女が不登校で何か不利になることがあったのかなと考えてしまいます。

いじめで苦しんでいる子には、学校に行かなくても生きて行けるよと伝えてほしい。自殺する前に。
posted by dashi at 22:12| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。