2006年04月09日

数独の楽しみ

気がふさぐことがあって気分転換したいけれど、体調もイマイチで出かける気にならない。テレビは面白くないし、ネットサーフィンや読書するには目が疲れた……。私にとっては、そんな時にもってこいなのが数独です。
ご存知の方が多いでしょうが、あらためてルールを説明すると……
3×3のマスが3×3個(9×9)あります。小さいマスの中、たて一列、よこ一列のそれぞれ9個のマスに、1から9までの整数をダブらないように並べていくパズルです。ところどころに数字があらかじめ入っているので、それを手がかりにマスを埋めていきます。
ここに来る数字はこれだから、ここはこれしかない、と理詰めで考えます。理科系の人はすらすら解けそうですが、必ずしもそうでもないらしいです。

集中しないと出来ないので、夢中で解いているうちにイヤなことは忘れてしまいます。ちょっと難し目のを完成すると「ヤッター」と単純に嬉しく、「私って案外頭いいかも」と自信を取り戻せます。
我が家では出始めたころに次女と二人はまりましたが、ブームは去っていました。ところが昨年私が帰省したおりに、飛行機に置いてある機内誌の数独に再会、到着までの暇つぶしにやり始めたところ再び数独のとりこに。
私より少しだけ(?)頭のいい次女と競うように楽しんでいます。今はネットで提供しているサイトもあるので、本を買って来なくてもタダで楽しむことが出来ます。
老舗ニコリのお試し問題はこちら。http://www.nikoli.co.jp/puzzles/1/(初心者用かな)
こちらはおかゆさん提供のオリジナル。たくさんあります。http://www.oct.zaq.ne.jp/woodside/jsudok/

昨年秋に高級紙タイムズが掲載を始めてからイギリスで大ブーム、今は他の新聞も載せているそうです。熱中のあまり仕事に手がつかない人まで現われ「数独強迫観念症候群」なる言葉まで生まれたとか。
使うのは数字だけですから言葉の壁がなくて、日本発のゲームが世界的に広がっているようです。
集中力と論理的思考はボケ対策にもってこい。おまけに数独は一人で出来るし、難易度によって遊ぶ時間を自分で調節することまで可能です。
子どもの知育にもかなり効果的なんじゃないかと思います。
数独の魅力を知らない人には、イライラした時の気晴らしや余暇の活用(暇つぶし)に、お勧めしたいです。
posted by dashi at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『数独』という漢字だったのですね。こちらではSudokuと書いてあるので、てっきり『素読』と思っていて、『スピードリーディングみたいなものなのに、なんで数字があるんだろう』と、疑問に思ってました。なぞが解けました。ありがとうございます。
Posted by ちびた母 at 2006年04月10日 12:24
コメントありがとうございます。
思いがけないことでお役に立てて、書いた甲斐がありました(笑)。アメリカでもハマっている人が多いんでしょうか〜。
楽しいですよね。きょうはやってるヒマがなくて残念でした。
Posted by dashi at 2006年04月11日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。