2010年06月23日

心裡留保

今、一念発起して宅建にチャレンジ中です。
宅建とは何かというと、正式名称は「宅地建物取引主任者」資格試験、ですね。不動産取引に必要とされる資格です。誰かが自分でアパートを建てて貸すだけなら宅建主任者は必要ないですが、販売となると契約の場に必ず現れて関わることになります。不動産業を営む法人では従業員の5人に一人頭の宅建主任を置かなければならないので、ある程度の社会的需要はありますし、一度取ると一生有効の資格です。

ヘルパーで行った先の利用者や、サービス責任者に軽くあしらわれることが何度かあり、「私はあなたが思ってるほどバカじゃないんです!」と言いたくなった。そして「そう? ほんとに?」と冷ややかに笑う自分いて、「本当に馬鹿じゃないかどうか、証明したくなった」のでした。
学校に通う時間(の自由)もカネもないので独学、効率が悪いとは思いますが仕方ありません。
私は不動産業なんてガラじゃありませんが、建築基準法なんかは「ほほー」と目からウロコだったり、不動産関係以外にも民法や税法など幅広い知識が必要とされるので、なかなか面白いです。

民法をかじってみて、独特の法律用語には驚かされました。
例えば「心にもない冗談」。心裡留保と書いてしんりりゅうほと読みます。法律関係者以外で聞いたことある人は少ないでしょう。
昔、当時は仲の良かった姑さんが「相続した土地が売れたらdashiにも100万円あげるわね」と言ったことがありましたが、あれはこれだったかもしれない。
宅建講師をしている人のブログを読んでいたら、
「ここの問題全部できた人いますか? いたら賞金1万円!(心裡留保)」
と書いてあって、大笑いしてしまいました。

「善意」「悪意」はそれぞれ「知らなかった」「知っていた」の意味で使います。用語に慣れるまでは「悪意」と聞くと腹黒いイメージを持ってしまうのも、当然というところでしょうか。
こんなのもあります。
「近隣商業地域内においては、料理店は建築することができない。」
え? どうして? と思いませんか。
なぜかというと、「料理店」というのはファミレスなど一般の食堂を指す用語ではなくて、いわゆる風俗関係の店を意味するのだそうです。ご飯食べに行くところは「飲食店」。
一般社会と乖離した感覚なのかもしれませんね。

昨日の朝日新聞に、宅建に合格して孫と一緒に開業した80歳(!)の女性の投稿が載っていました。学校に通って勉強するのがとても楽しかったようです。
法律関係では宅建は一番易しいAクラスの資格だそうですが、楽しむだけでは無理で、やっぱりそれなりに努力しないと通るはずはない難関。10月17日まであと4ヶ月弱、頑張ります。
posted by dashi at 21:44| Comment(3) | 興味津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宅建挑戦中なんですね。
私も独学で試験までは合格しました。(合格後の講習まで受けて外国に行ったので、登録証はもってません)「久保輝幸」さんの参考書はわかりやすいです。勉強してて、損はないなあと思います。学校に行くより、独学のほうが効率がいいと思います(コストが断然!)。
Posted by mm at 2010年06月27日 10:50
すみません、今、久保輝幸さんをアマゾン検索したら、もう最近は参考書を出されていないようです。古くなると法改正があったり、用語が変わったりするので古い参考書はだめですね。もう10年以上前にとったので、今ではきっと試験の内容もずいぶん変わっているのでしょう。。。
大変失礼しました。
無事合格をお祈りしています。
Posted by mm at 2010年06月27日 10:57
お礼遅くなってすみません。コメントありがとうございました。
パソコン用の老眼鏡が行方不明で困ってます…、書籍用のではいささか見づらい。
老眼鏡なんて縁のなかった、若いうちにチャレンジしておけばよかったと今さらながらに思います。知らなくて損したことがいっぱいです。まあでも、子育て優先だったんだから仕方ないですが。

宅建お持ちなんですね。使わなくても、知識は役に立つでしょう。
私はパーフェクト宅建シリーズでやってます。ほかのであまり役に立たなかったのも二冊。
税法なんかに、深入りするなって書いてあって、そこらへんのさじ加減が独学だと難しいです。
Posted by dashi at 2010年07月01日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。