2010年04月06日

特発性正常圧水頭症

私が週一度、一時間半の生活援助で通っていた一人暮らしのお宅。
最愛のご主人を亡くして以降、もういつお迎えが来てもいいから怖いものなし。強盗が入ってきたら「ちょっとそこに座んなさい」と言って説教するの、と笑う愉快なおばあちゃま。85歳という高齢ながら好奇心旺盛、週刊朝日をはじめ男性向けの週刊誌を近くに住む息子さんと回し読みしています(読みたい記事があったから女性週刊誌を買ったら、ほかに読むところがなかった、そう)。
私とおしゃべりするのを楽しみに待っていて下さっていました。
私も、自分も歳を取ったらこんな感じになるんじゃないかなと親しみを覚えて、楽しく仕事をしていました。
ところが、一度キャンセルがあってどうされたのかと気にしていたら、なんと倒れていたのを発見されて水頭症が判明、ベッドの空く5月に手術が決まったそうです。

調べてみたら、「手術で治る認知症」とも言われる、高齢者特有の水頭症のよう。それまで反応のにぶい日があったり足元が多少おぼつかなかったのも、この病気のせいだったようです。
特発性正常圧水頭症
http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000690.html
この病気のことなら、先日テレビでやっているのを私も見ました。認知症だからと周囲もあきらめていた人が、手術のあと別人のようにしゃんと暮らしていて、感動もの。気づかないままの人はずいぶんソンをしてるなあと思ったものでした。
私の通っていた方も、手術のあとはすっきりと元気になられるのだろうと思います。
でも当分は、一人暮らしは無理ということでケアプランが変わり、働ける時間に制約のある私は担当を外れることになりました。
こんなことでがっくりしていては仕事にならん、プロとは言えんと頭ではわかっていても、ここ数日元気が出ないでいます。
posted by dashi at 22:55| Comment(0) | 興味津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。