2010年03月25日

ソフィア・ローレン

映画の好みは人それぞれだから、「NINE」のワルクチを言うのは自粛するとして…。
ソフィア・ローレンの若々しさには驚きました。1934年9月の生まれですから、現在75歳の計算になりますが、このとおりの輝き。
http://www.cinematoday.jp/movie/gallery/T0007925/009
こういうセピア色の画面が多くて(主人公の亡き母親で、妄想の中にだけ出てくる役です)毛穴までくっきり、というのはなかったですが、大写しになるシーンはあって、
「シワが全然ない、胸はシリコンだろうけど、いったい(美容成形か整形かに)いくらかけたんだろう…。きれいにしておくのも仕事のうちとは言え、さすがプロは違う…」
と文句なしに脱帽した私です。(二の腕のたるみがちょっとだけ見えました)
こちらに若いときの写真がありますが、
http://www.f-actress.com/so/SophiaLoren.html
意志の強そうな顔は今もそのまま、強く印象に残ります。女優としては何にも勝る武器かもしれません。

私が子どもの頃コマーシャルの撮影のためか来日し、朝のテレビでインタビューを受けていたことがありました。そのときの強烈な印象は今も忘れられません。
口の大きな人ですが、それを強調するかのようなルージュをひき、目には歌舞伎の目張りを思わせるメイク。私の目にはその美しさは全く理解できず、落ち着いて自信に満ちた物腰に違和感すら覚えたものでした。
そのときの印象が180°覆ったのが、のちに「ひまわり」を見たときです。戦争で行方不明になった夫をようやく探し当てたら、命の恩人と新しい家庭を持っていた…。静かに反戦を訴える秀作で、彼女はひたむきに夫を探すけなげな妻を演じていました。
当たり前の話だけど、「この人も泣くんだ…」となんだか意外な気がしました。
切ない音楽と彼女の泣きだしそうな顔、一面のひまわり畑はこちらのサイトで。
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/I%20Girasoli.htm

ローマで庶子として生まれ、貧困のうちに育ったそうです。彼女を見出してくれた映画監督と長い間不倫関係を続けて、息子を二人産み、20年ばかりのちにやっと正式に結婚しました(現在は死別)。意志の強さは外見だけではなさそうです。

posted by dashi at 21:09| Comment(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。