2010年03月12日

漢字クイズ(1)

ブログから離れていた間、漢字パズルにはまっていました。
わずかな手がかりから、ヤマ勘と熟語の知識を総動員して、該当の漢字を見つけていく。ヤッタ〜出来たぞ〜という達成感、私も満更でもないなとうぬぼれたり。もつれた毛糸玉をほぐして一本の糸にするような面白さは、もっと知られていい様に思います。
難しいのになると仏教用語や哲学用語、経済用語なども混じり、初めて見る熟語がてんこもりだったりします。電子辞書を片手に納得したり自分の無知さを再認識したりしています。
新しい知識を得るという利点もある分、クロスワードや数独より格段に面白いと個人的には思います。
同じ漢字でも幾通りもの読み方がある日本語ならではのゲームでしょうか。同じ漢字圏でも、表意文字であることを捨てた、簡体字の中国語ではできないんじゃないかと思っています。

その漢字パズルで見つけた、へーこんな言い方があるんだ、面白いナと思った言葉からクイズです。
広辞苑でこう説明してある言葉をズバリ当てて下さい。

(1)他人に対してたやすく頭をさげない態度。
(2)嫁が亡夫の弟と結婚すること。
(3)長病みで死ぬ少し前に、ちょっと治るように見えること。
(4)医者にかからずに自分で療治すること。
(5)一日会わなければ三年もの長い間会わないような思いがすること。しきりに待ちこがれる気持。

(2)は、戦争未亡人が多かった時代にはよくあったようですね。私の田舎にもそういう家がありました。男の子ばかりの兄弟がたくさんいましたが、亡き兄の子も弟の子も顔立ちは見分けがつかないくらいよく似ていて、年齢からしか判断できませんでした。家を守るための窮余の策かと思いますが、子どもたちにとっては幸せなことだったかもしれません。

答えです。
(1)頭重(ずおも) ※ほかの意味もあります。
(2)弟直し(おとうとなおし)
(3)中日和(なかびより) ※雨の降り続く中途にちょっと晴れること、という意味もあります。
(4)手療治(てりょうじ)
(5)一日千秋(いちじつせんしゅう) ※いちにちせんしゅう、とも読みます。秋しかダメなようです^^。

続きはまた後日。
posted by dashi at 22:47| Comment(2) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。おひさしぶりです。dashiさんのブログが再開され,とても嬉しいです。
 漢字系のパズルは僕も大好きなんですが,僕にとって楽しむコツは,あまり難しすぎず,ある程度すらすら解けることですね。上のパズルはけっこうハイレベルで僕には無理。「一日千秋」しかわかりませんでした。
Posted by かば at 2010年03月13日 00:13
お久しぶり、早速コメントありがとうございます。
漢字クイズのネタはたくさんあるので、またやります^^。
一日千秋、これは一日三秋とも書きますね。元の意味からいったらこっちが妥当ですね。
Posted by dashi at 2010年03月13日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。