2009年04月16日

痴漢冤罪

痴漢と決め付けられて1,2審で有罪、最高裁まで争った防衛大の教授(休職中)が、逆転無罪になるという事件。最高裁でも5人の裁判官のうち二人は有罪と主張したとかで、かなりきわどい判決ではありました。
大学教授といった社会的ステイタスが高い人でなければ、無罪を信じて支援してくれる人もなかったかもしれません。奥さんが信じてくれたのはよかったなあと思いました。
この人が記者会見でも話されていましたが、同じように痴漢の濡れ衣を着せられた男性は多いことでしょう。昨年だったかは現代版美人局的な事件で若いカップルが逮捕されましたが、女の子の良心がマヒしたままだったら冤罪が成立していた可能性大でした。
映画「それでもボクはやってない」で話題になった痴漢冤罪事件、無念の涙を流す人が出ないことを願うばかりです。

娘の友だちは痴漢を捕まえたことがあるそうです。同じような友人の娘さんの例も聞きました。
私も若い頃には何度か痴漢の被害に遭ったこともありますし、目の前の子がやられているのに気づきカバンを押し込んで邪魔したこともありますが、昔はほとんどは逃げるか我慢するか、せいぜい「やめて下さい」と訴えるぐらいだった印象です。
今は泣き寝入りどころか駅員に突き出すたくましい女の子が増えているようですね。
それにしても、あのぎゅうぎゅう詰めの満員電車の中で、「どの」手が痴漢行為をしたか、判断ミスをすることは多いと思います。こいつだ、と思ったのがとんでもない勘違いだったとすれば、その後の相手の人生に対してあまりにも残酷なしうちです。

これからは、痴漢の疑いがあったらすぐに「新しいビニール袋」を持ってきて、それを膨らました状態で両手をすっぽりくるむ(手首あたりをテープなどで封する)。そして、女の子の皮膚か着ていた服の繊維が付着しているかどうか、調べるようにしたらどうでしょう。
日進月歩のはずの、科学捜査の能力を生かして欲しいところです。
明らかな物証がなければ、被害者の証言だけでソク有罪になるような考えたら怖ろしい(魔女裁判みたい…)ことはやめて、「疑わしきは罰せず」がスジなのではないかと思います。
posted by dashi at 23:53| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。