2008年08月15日

8月15日

きょうは8月15日。
8月6日、8月9日とともに、これが何の日かピンと来る日本人はずいぶん少なくなってしまったかもしれません。
きょうもテレビはオリンピックと高校野球がメイン。朝、はしかのために置き去りにされる少女(満州からの引き揚げ団のようでした)のアニメが放送されていたのが、唯一終戦の日を思わせる番組でした。
はしかが逃避行の集団内で流行したら大変なことですから、身を切られる思いで残していく母親も、それを強いる仲間も、一生背負う重荷としてこういう決断を下した。戦争経験者には似たような体験をした人が多かったことだろうと思います。

私は戦後の生まれですが、私(姉たちも)が生まれることが出来たのは父が無事に帰ったから。
父は八路軍に取り囲まれて部隊で8人だけ生き延びたとか、目の前で仲間が吹っ飛んだとか、生き残ったのが奇跡と思えるような話をたまにしていました。マラリアで片耳が聞こえなくなったらしいので、高熱で生死の境をさまようようなこともあったのでしょう。
「この世は地獄だと思っている」と母に話したことがあったそうです。
実家の近所では、慰安婦をしていたらしいおばさんが親戚の家に居候していました。人目を避けるようにほとんど家から出ず、ひっそりと暮らし、亡くなったときも葬儀もしなかったようでした。

私が東京のアパートに住んでいた学生のとき、隣の部屋にいたのは東京大空襲を経験したおばさんでした。
ちょっと話し込んでいるとすぐ空襲の思い出話になったりして、30年以上経ってもおばさんの人生における最大の関心事であることが伺われました。
地獄絵を経験しても、思い出したくないと口を閉ざす人もいれば、絵や文学作品に残す人も居ます。いずれにしても、直接戦争を経験した人は少なくなりました。
新人公務員を自衛隊で訓練させろとか、若者は軍隊経験をした方がいいとか、トンデモ知事の発言があったようですが、戦争を経験してれば言えないセリフなんじゃないかと思います。
戦争を知らない人ばかりになるのは、国が平和な証拠で幸福なことですが、平和を守り続けるにはそれなりの知識や努力も必要だと思います。あまりに無関心でいては、先人に対して申し訳ないことです。
posted by dashi at 23:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
dashiさん、こんにちは。お盆で、終戦記念日ですね。私もこちらの時間ではありますが、少しの間黙祷しました。
私の祖父も、目の前で同じ隊の人たちが皆亡くなったそうです。あまり戦時中の話はしませんでした。自分が生き残っていることへの葛藤も、あったのかもしれません。

私の彼は韓国人なので2年間の兵役に行き、劣悪な環境のせいで結核になりました。兵役に行かなかった人、中断した人は一生差別されます。日本でお偉方が簡単に徴兵義務の話を出すのは軽々しいと思います。

もう一つ、最近では副作用を心配して、はしかの予防注射を受けさせない親が増えています。戦争や災害で集団生活になった時にはしかが流行したら、大きな被害が出るかもしれません。

どちらにしても、日本は平和で、この平和が当たり前という恵まれた環境なんだなぁ・・・と感じます。何故日本は平和になったのか、平和を維持するのに必要なことは何か、もし平和が崩れそうになったら自分は何をすべきなのか。私も、平和を守るための知識と努力は必要だという意見に同意です。
Posted by Kashin at 2008年08月16日 00:57
>Kashinさま
こんにちは、コメントありがとうございます。
そうですか〜、結核に…。軍隊ってさぞかし劣悪な環境なんでしょうね。おちおち寝てられないでしょうし、匍匐訓練なんか砂埃を吸いまくって、そうとう肺に悪そうですしね。
男尊女卑の傾向の強い韓国で、男のプライドを保てないのは辛いだろうなと思います。でも、ホンモノの戦争時でなくてよかったですね。

昔、私は子供のころはしかをやったかと母に聞いたことがあります。すると母は苦笑しながら、お前はどうだったかねえ、5人もいると覚えきれん、と。それもそうだと納得したことを思いだしました。
Posted by dashi at 2008年08月16日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

満州の紅い夕陽
Excerpt: 会社帰りに銀座に寄る用事があったのですが、松坂屋の催事場で平和祈念展というのをやっているのが目に留まりました。そういえば地下鉄車内の広告でも見かけたような気がして、無料なのでちょっと覗いて行こうと思い..
Weblog: 音次郎の夏炉冬扇
Tracked: 2008-08-16 14:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。