2008年08月12日

「鬼が来た!」を見て

「私も一日ぐらい休みが欲しい」とぼやいたら、「映画でも見てきたら」と(きょうは夏休みの)娘が息子の世話を引き受け、自由時間をくれました。ジグソーパズルをひとつ仕上げたあとにドライブに連れ出して、マックでお昼だったようです。
私は久しぶりに一人で電車に乗り、黄金町のジャック&ベティという小さな映画館に行ってみたところ、「鬼が来た!」がかかっていて、ちょうど始まるところでした。
旧作(2000年の映画)だからか1500円、平日の午前中というのもあって客は少なく、赤字は確実だろうと思いました。
二本立てになっていて、何人かいたほかの客は二本とも見るようでしたが、私は二本も見る元気も時間もないので鬼が来た!だけで出ました。
話題の「靖国」もこの映画館で上映するようでした(近日?)。

ほんとは封切の、タイの子ども売買(臓器売買?)を扱った社会派映画(闇の子どもたち)を見たかったのですが、最近はマイナーな映画は平日は夜しか上映しないんですね。
子供向けや単なる娯楽作品では物足りない(1800円払ってまで見たいとは思わない)から、機会があったら見たいと思っていた「鬼が来た!」を見ることが出来たのは幸運でした。
ポスターをチラッと見たことがあるくらいで予備知識なしで見ましたが、期待以上のいい映画でした。
極限状態の人間の身勝手さ、こらえきれずに爆発する怒り。突飛にも見える行動にはそれぞれ根拠がある。いろいろと考えさせられました。重いばかりでなく適度にくすぐりも入っています。

終戦間際の日本占領下の村が舞台ですが、滑稽なほど日本兵におもねたり、子どもが飴をもらうシーンも出てきます(ギブミーチョコレート、みたいに)。日本兵は「日本鬼子」と呼ぶにふさわしい怖ろしい冷血漢としてより、むしろ牧歌的な描かれ方です(前半は)。現実はこんなものだっただろうと思うけど、中国側からしたら看過できないかもしれない。中国国内で上映が禁止されたというのもうなずける気がします。
難を言えば冗長で、[長いな〜」と少なからず飽きてしまいました。もっと省いてもいいシーンが多かったように思います。多少中国語や中国の事情を知る私でもそうですから、まるきり中国とは無縁の人にとっては退屈で暗いだけの映画かもしれません。

「芙蓉鎮」「紅いコーリャン」で美人女優を相手に熱演していた俳優さんが主演で、あら、なつかしいと驚きました。「芙蓉鎮」も「紅いコーリャン」も同じ1987年なので、もう20年以上経ってますが、歳を取らないというか風貌があまり変わらない感じです。
主演だけでなくプロデューサー、脚本、監督も兼ねている、姜文という名の大物俳優さんらしいですね。これが監督2作目だそうで、文革を扱った前作も国内では上映禁止。オリンピック期間中は監視下に置かれてるんじゃないかと余計な心配をしてしまいました。
「芙蓉鎮」の姜文氏は一見風采の上がらない印象で(役柄上もそうでしたが)、中国ではこんな男が二枚目なのかしらと失礼ながら不思議に思ったものでした。相手の女優さんすごく美人でしたしね(のち実業家として名を上げたと聞きました。姜文氏と恋愛関係だった時期もあるそうです)。
余談ですが、張芸謀監督も「古井戸(老井)」という映画では主演していましたが、この人は納得のいくハンサムでした。
posted by dashi at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。