2008年07月21日

ガソリン高

ガソリン、高くなりましたね。我が家は通勤や仕事には使わないから、高くなったにしても生活にそう響くほどではない。でも連日の猛暑でエアコンを使うと、長距離運転じゃなくてもやはりそうとう消費します。
きのう、ウチの周辺では一番安いと言われているガソリンスタンドで給油したら1リットル178円でした。180円台になったかと思ってたので助かりましたが、そのあと郊外を走っていたら176円、173円というところも見かけ、無理してないかいとガソリンスタンドにちょっぴり同情した次第。
レジャーでドライブするのは控えられるけど、仕事で使わざるを得ない人たちにとっては死活問題ですね。軽油の高騰で抗議行動に出た漁師さんたちに対しても、非常事態なのですから、早く対策を取ってほしいと思います。

ガソリンが高くなって、アメリカでは交通事故の死者数が激減しているそうです。
(1ガロンは約3.79リットル、乱暴に1ガロン4リットル、1ドル100円と計算すると、1ガロン4ドルは1リットル100円ぐらいでしょうか、日本よりはだいぶ安いようです。)
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200807120018.html
燃料価格上昇で減少の交通事故死、今年は3分の1に? 米国

ワシントン(AP) 燃料価格の上昇に伴い、交通事故の死者数が大幅に減少しているとの相関関係を米国の研究者が指摘している。米国内の交通事故死者数は年間、3万8000―4万人だが、ガソリン1ガロンあたり4ドルを上回る高値が続けば、今年は約3分の1の1万2000人程度になる可能性があるという。

アラバマ大学バーミングハム校のマイケル・モリゼー教授や、ハーバード大学医学部のデイビッド・グラボウスキー教授らは、1985年から2006年にかけてのガソリン価格と交通事故死者数の関係を調査。
その結果、ガソリン価格が10%上昇するごとに、交通事故死者数は2.3%減少した。減少率は特に、若い世代で大きく、15―17歳では6%、18―21歳では3.2%減っていた。逆に、ガソリン価格が下降すると、交通事故死者数が増加していた。
1985年当時のガソリン価格は1ガロンあたり約2.5ドル。今年に入ってからは4ドルを突破し、1.5倍以上となっている。
交通事故死数が減少した理由として、ガソリンの高騰により、事故を起こしやすい若者層は金銭余裕がないために車を運転する機会が減るほか、全般的に燃費の悪い大型車の運転量が減少すること、無駄なガソリンを使わないためにスピードの出し過ぎが減るといったことが挙げられるという。
モリゼー教授は、1ガロンあたり4ドル以上の価格が続けば、交通事故の死者数は月間1000人程度、年間にして1万2000人に減ると予測している。
一方で、小型車やバイクなどの運転量が増加することにより、大幅な死者数の減少には結びつかない可能性も指摘している。


日本でも同じような結果が出そうですね。
3連休なのに、街には車が少ないように思いました。乗り控えしている人が多いようです。
渋滞や事故が減るのはいいけれど、車関係の産業にいろいろ影響も出てくるでしょう。
かきいれどきの駐車場に閑古鳥、なんてことになるかもしれませんね。派遣で車の誘導をしているオジサンは失業するかも…。
大きなプールの前を通りながらそんなことを思いました。

posted by dashi at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
dashiさん、こんにちは。日本から戻ってきました。
東京は、確かに車が居なくてガラガラでした。おかげでタクシーはすんなり目的地に着き、家の目の前の首都高速も空いていて排気ガスも減りました。

ガソリンが高くなることで打撃を受ける業者も多いので気の毒だとは思いますが、そういった部分には援助をした上で、レジャーの車使用が控えられたら環境的にはいいのかなと思いました。100円ショップで売られている大量のプラスチック製品などの石油製品も、もうちょっと大切に使うようになるかなとも思います。
消費をさせることで儲ける業種は、どちらにしても今後別の道も考えていく必要があるかもしれないですね。
Posted by Kashin at 2008年07月23日 17:43
こんにちは、お疲れ様です。コメントありがとうございました。

気のせいじゃないですね、ホントに車が少ないです。きょうも、いつもは渋滞する道でもスイスイでした。
通勤は路線バスに乗ってますが、いつもよりバスの乗客が多いです。自家用車で行くのをバスに乗り換えてるんでしょうね、暑くて歩きたくないからバスに乗るというのもあるでしょうけど。

ゴミの分別をしてたら、プラごみの多さには驚かされます。捨てていいのかな、まだ使えるのにもったいないなと思いながらプリンの容器など捨ててますが…。コストが上がって使い捨てプラ容器の使用を控えるようになればいいように思いますが、コンビニ商法は行き詰るのかな。
Posted by dashi at 2008年07月23日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103326182
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。