2013年07月29日

非現住物等放火

山口県の連続放火殺人は、犯人が捕まってよかったですね。地区の人は、次は自分の番かと気が気じゃなかっただろうと、これでやっと安心して眠れるんじゃないかと思います。
殺された方々は、本当にお気の毒でした。
都会で長年働いていた人が、親の介護のために戻ってきて、親を見送ったあとは一人ぼっち。近所の人とは価値観も違ってうまくいかない。また都会に出ていくほどのつてもないとすれば、自分の行く末を思うとお先真っ暗、鬱にもなるだろうし自暴自棄になるのも、いいとは言いませんが無理もない気がします。

ところで逮捕されたときの罪名が「殺人・非現住建造物等放火」だったのには、興味をひかれました。
非現住建造物等放火、は、刑法109条に規定があります。
「放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物、(中略)を焼損した者は、二年以上の有期懲役に処する」
二年以上ですよ、火をつけておいてずいぶん軽いです。
これが、現に人が住んでいる「現住建造物等放火」だと「死刑又は無期若しくは五年以上の懲役」にはね上がります。
だれも住んでいない家屋と、住んでいる家屋とでは刑法の扱いが全然違うわけです。

では、五人とも自分の家の中で殺されて放火されたのに、なぜ「だれも住んでいない」家に扱われるのか。
刑法の過去問で出会って、へーと思った事例にすぐ現実に出会えるとは驚きです。実は、死んだ人は法律的には人間として扱ってもらえないのですね。だから、先に全員殺してしまえば、そこはだれも住んでない家、ということになるわけです。
だから、殺そうとしたけどまだ死んでない状態で火をつけると、罪状が変わります。
解剖して肺にすすがたまっていないのを確認したんでしょうかね。

報道によれば、本人は薬(精神安定剤の類?)を飲んでいて、殺人しても平気だ(罪に問われない)と言っていたそうですが、まさか本気ではないでしょうね。
posted by dashi at 18:40| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

力及ばず

この日曜日、司法書士受験に行ってきました。
早々と目が覚めて、予定通りの時間に家を出て、電車とバスに乗って坂道を上がり。。
去年もそうだったけど、暑い一日でした。
去年は帰りに雨が降り出して、バス停で待っている間雨宿りしたのを思い出しました。

出口でもらった解答速報で見たところ、残念ながら今年も力及ばず、足切りにあったのがわかりました。
午前二時間、午後三時間という長い闘いですが、午前中の択一問題で七割取れなければ足切りで、午後の分は採点もしてもらえません。
生まれて初めてというくらいの疲れ方をして、二日目の今日もまだ力が出ない感じですが、あと一年頑張ってまたチャレンジしようと思っています。

司法書士は11科目の受験です。民法、憲法、刑法、会社法が午前中。午後は不動産登記法、商業登記法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、それに司法書士法。登記の記述式問題もふたつ。
私が好きでわりと得意としているのは刑法、去年も今年も全部できましたが、70問中の3問しかないマイナー科目です。今後は苦手な会社法で取りこぼしをしないよう、頑張っていきたいと思います。
民事訴訟の勉強をする以上、傍聴にも行こうと思っています。
来年の今日は、口述試験の対策を考えている自分でありたい。
posted by dashi at 22:22| Comment(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。