2012年07月25日

3Dテレビ・映画の危険性

娘に教えてもらいましたが、横浜市医師会の機関誌にこんな記事がありました。
3D映像と目の健康
http://www.yokohama.kanagawa.med.or.jp/
(画面中ほど、みんなの健康web版をクリックしてください)
眉唾ものではなく、信頼性には疑いのない内容です。
3D映像は目に非常な負担をかけ、眼精疲労がすすみ、斜視になって手術した例もあるというのです。
ポケモンで一躍有名になった光感受性発作の危険性もあるそうです。
ことに子供にとってその恐ろしさは深刻で、広く世間に知らしめる必要があると思いますが(すでに、一部でやってはいるようですが、周知の事実にはほど遠いですね)、マスコミに期待するのは難しいかな。3Dテレビを製造している大手の電機メーカーをスポンサーにかかえるところは記事にできないでしょうしね。
posted by dashi at 18:51| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。