2010年03月15日

漢字クイズ(2)

きょうは前回と反対に、熟語の意味するところを考えて下さい。
漢字パズルをやりながら番号の漢字をあてはめていくと、見たことのない熟語に遭遇し、「えっ、こんな言葉あったっけ? どんな意味?」と辞書をひくこともしばしば。
亡き昭和天皇が「名もない花なんかない」と笑ったという話を思い出しますが、どんなもの、どんな動作や現象にもそれを表す言葉がちゃんと存在しているんだなあ、日本語も奥深いなあと思います。まあ、知らなくても困ることはなさそうですが。
ではそんな言葉から、問題です。

(1) 頭物
(2) 北阿
(3) 石果
(4) 車火
(5) 地腹

難しめなのでヒントです。
(1) かしらもの、と読みます。商売をやる人には常識かな。
(2) 「北米」はわかるでしょう。
(3) せきか、と読みます。核果(かっか)も同じ意味です。
(4) その情景を思い浮かべられるのは、あまり若くない人かも。今は流行らないかもしれません。
(5) セクハラで絶滅させられた言葉かも…。

では答えです。
(1) 相場で、上等の品物。一等品。
(2) ほくあ。北阿弗利加、北アフリカの略です。
(3) 梅・桃などのように、外果皮は薄く、中果皮が多肉で、水気が多く、内果皮が硬化して核をなす果実。
(4) くるまび。点火すれば、車輪状に回転する仕掛けの花火。
(私が子どもの頃見た地域の花火大会では、鉄棒に固定されて、火花をまき散らしながら高速で回転していたような記憶があります。危険なものかもしれません)
(5) じばら。<妊娠していない>普通の状態の腹。
(「地腹が大きい」と例文があります。現代に使ったら大変なことになりそう^^。男の太鼓腹には言わないようですね)


posted by dashi at 22:47| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。