2009年03月31日

ヘルパー再開

息子が出ている平日のみ、10時〜15時。こんな贅沢な条件で仕事が簡単に見つかるはずがないのは、自分でもよーくわかっていました。仕事とともに住まいも失う切羽詰った若い人がたくさん求職している時代ですから。
ハローワークで言葉使いは丁寧ながらけんもほろろの対応を受け(慇懃無礼というやつかしら)、ホームヘルパーをやるしかないと決心して、登録ヘルパー募集の張り紙があった事業所に行きました。
すぐにも働けるかと思ったら、もう半月たちますがまだ再開といきません。
まず健康診断を受けさせられて、その結果を見てから面接、契約という流れです。それなりの人材でないと採用しない、よく言えば慎重なきちんとした事業所なのでしょう。

通りすがりに飛び込んだのでよく知りませんでしたが、病院系列の大手の法人だったらしく、健康診断を無料で受けられたのは幸い。ヘモグロビンの値が正常値から0.1低いぐらいで、就業にさしつかえない健康体とお墨付きをいただきました。
きのうやっと面接、それに合格したようで、4月2日に契約することになりました。給与振込みのため指定された銀行に新しい口座を作り、その通帳を持参することになっています。
契約してからもたぶん、同行と呼ぶベテランから仕事を教えてもらう見習いの日があって、独り立ちするのはもっと先。一人で見ず知らずのお宅に伺って仕事するわけですから、決まりごとみたいなのもあって、いきなりは無理なのです。

私が以前ヘルパーをしていた頃とは介護保険法も改正されてだいぶ変わっているようです。勉強しなくちゃね、と思ってますが、最近はややこしい書類を見るとすぐ眠くなってしまうので、どうなることやら。
ヘルパー不足から時給はそう悪くはないよう。びっちり働いていた食堂ほどの収入(微々たるもの)は望むべくもありませんが、やりがいはたぶんこっちの方が味わえるでしょう。
空いた時間はのんびりくつろいで、英語や歴史の常識問題をやったり、数独や映画も楽しみたいと思っています。
この頃老眼が進み、白髪も増えて娘に「染めれば」と再三言われる私。頭がすっきりして身体も元気にしてられるのは、せいぜいあと2〜30年ってところでしょうか、後悔のないよういきたいものです。

それにしてもこの先、私たちの暮らしはどうなっていくんでしょうね? 定額給付金や高速料金の一時的値下げや、裁判員制度など、一時の思いつきで決めたとしか思えないいいかげんな政策にうんざりです。
国民不在という(昔よく聞いた)言葉を思い出します。
引き際を心得ない口下手な党首と、諫言を受け入れてもらえない無念さが伝わってくる民主党にもうんざり。これで次期政権を担うつもりなんでしょうかね? 自民党の不人気イコール民主党票だと甘く見ないでほしいです。
次の選挙には、息子宛にも投票ハガキ(引換券)が送られてくるはず。納税の義務を果たしてないのだから参政権を行使できないのも仕方ないとは思うけど、ハガキを手にしたら感傷に浸ってしまいそうです。
posted by dashi at 22:54| Comment(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。