2009年03月05日

ちょっとお疲れ

九州の実家に住んでいる姉からのSOSで、急遽帰省してきました。
義兄が小さい手術ながら一ヶ月弱入院することになり、独りぼっちでは心細かったのでしょう。同じ敷地内に姉の次男の家もあり、次男夫婦が共働きなので孫を保育園に迎えに行くなど交流はありますが、基本的に別世帯です。
私も仕事を辞めてからはヒマを持て余していたし、このタイミングで遠出するのもいいかと応じることにしました。とは言ってもまずは息子を預かってもらえたらという条件つきです。幸いこれがOKでした。
今まで学校のキャンプや修学旅行以外では外に連泊したことがない息子を、初めて2泊3日で預かってもらいました。日中はいつものところでいつもの作業、特に連絡はなかったので問題なく過ごせたようです。

飛行機に乗るのも久しぶりでしたが、あいにく行き帰りともどんよりしたお天気。雲の上は陽射しがまぶしい「銀の裏地」でした。
雲のじゅうたん、という言い方がありますが、絨毯と言うより(わたの玉があるので)布団を作るときに広げる「布団わた」の印象です。真っ白でふわふわと柔らかそうで、太陽光線を反射してきれいに光っていました。
下界が見えないのでは飛行機に乗る楽しみも半減です。帰りは雲が切れて富士山が見えたそうです(わざわざ機内放送してくれました)が、私の席は反対側だったので見ることが出来ず残念でした。
偶然行き帰りとも全く同じ時間の出発でしたが、行きは2時間、帰りは一時間半のフライトでした。たぶん飛行経路の違いによるものだと思いますが、30分余分に飛べば燃料代もずいぶん違いそうだなあと、ぼんやりそんなことを考えました。

実家にはあとひと月弱で姉の長男一家が戻ってきて、姉たち夫婦は少し離れた小さい家に引越します。ちょうどいい機会だからあちこち拭いて磨いて、モノを捨てられない姉の代わりに私がせっせとゴミ袋を満杯にしてきました。帰ったら家の掃除もしよう…と思いつつ。
ふだんあまり使わない筋肉を使って、長距離移動して、いささかお疲れモードです。
posted by dashi at 16:37| Comment(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。