2009年02月26日

障害者団体割引郵便

私が以前役員を務めていた自閉症関係の団体では、障害者団体割引郵便を利用して、会員その他に毎月会報を郵送していました。
私はその会報の編集担当でしたが、編集したものがちゃんと印刷されているか確認し、それが発送されるのを見届けたい思いもあって、特に用がない限りは発送作業を手伝いに行っていました。
宛先は会員・賛助会員のほか、ほかの障害者団体や養護学校など5〜600部だったでしょうか。(今はまただいぶ増えているようです)

発送担当の役員さんたちが、第三種用に(中が見えるように)上を3分の1以上切り取り、宛名をプリントしたシールを貼った角封筒を、会員・賛助会員・非会員ごとに分けて、前もって用意してくれます。封筒には団体名を印刷し、低料第三種郵便物であることを明記しなければなりません。
発送の日には、数が少ない賛助会員や非会員用を先に片付けたあと、会員用の区ごとに分けられた封筒に、会報を入れてセロテープで封をします。
一部は区の中でも郵便番号が二種類あり、そのときは分けて、それぞれの区ごとに輪ゴムをかけます。
封入作業が終わったら封筒の数を数え、郵便番号ごとに細かく記入した一覧表とつき合わせて徹底的にチェックしていました。一覧表は郵便局に提出するもので、数が一致しないと受け付けてもらえないのです。

中身が入ってカサの増えた角封筒を、大きな紙袋や段ボール箱に詰めて、手分けして郵便局まで運びました。
郵便局も好きなところに行けるわけではなく、必ず登録した局に行かなければなりません。
そこで必要書類を出し、数のチェックを受け(全部のチェックはしないと思います)て料金を支払い、完了となります。
郵便局の窓口が混んでいるときには職員の手が空くまで待たされますし、実に手間のかかる大変な作業でした。
その日に一斉に発送したもの以外に、同じように送りたい相手があったとします。印刷物対象の第三種よりも、障害者団体用はさらに安くなると知った私が、他の局から出そうとして、それはできないのを知りました。

郵便局が限定されるだけでなく、そもそも認可を受けるのが大変のようです。
いくら障害者団体といってもある程度の人数や実績のない団体ではダメで、シビアな審査に通る必要があったように聞きました。お金のない団体だから発送費が安いのはありがたい、何が何でもと当時の役員さんたちが尽力してくれたようです。
不備が見つかったら認可を取り消される(恐れもある)とかで、かなり神経質に処理されていました。
このように障害者団体割引郵便は、とても面倒でハードルが高く設定してある割引制度です。
この割引制度を悪用して、あろうことか健康食品や化粧品のダイレクトメール発送に使っていた業者(広告代理店)が、摘発されました。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090226/crm0902260206004-n1.htm

世の中には、儲かるとなったら善悪関係なしに飛びつくダニのような人間もいるのだと腹立たしく思う一方で、この制度をそんなに簡単に悪用できるはずがないと、確信してもいます。
福祉施設の名前を借りたぐらいで容易に認可されるとは思えないし、中身だって毎回チェックすることになっています。第三種印刷物の指定も受ける必要があるし、障害福祉に無関係な内容物がいつまでも見逃されるはずもない。ろくにチェックしなかったという、職務怠慢だけで長期にわたってくぐり抜けられたとは思えません。
その郵便局と特別な関係がなければ、言い換えると郵便局内部に協力者がいなければ、こんなに大掛かりな悪用はできなかったはずだと思います。
posted by dashi at 22:41| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

小学生の英語

たまたま見つけたサイトに、こんなものがありました。小学5年生の算数の問題です。
http://english.mag2.com/charlotte/

Which one of the following calculating methods is needed to answer the question below?
What is two to the power of five?

Subtraction
Division
Rounding
Multiplication
Addition


かなり恥ずかしいけど質問の意味もわからなかった(5と2の関係が…)私。小学生の英語が理解できないのかとショックです。
言い訳すれば、ほかの科目はともかく算数は専門用語が多くて難しいですね。
(余談ですが、クイズ番組で「足し算の答えは和、引き算は差、では掛け算割り算は?」というQがあって、みなさん苦戦していました。日常ではあまり使いませんからね。ちなみに「積」「商」です)

こちらはぐっと易しい、小学1年生の算数の問題。これなら(比較級を習う?)中学2年生ぐらいでもできるんじゃないでしょうか。
Which words make this statement true?
27 is (    ) 37.

greater than
less than
equal to
as high as


それにしても、こんな問題を、実際の英語の授業でやったらどうでしょう。面白いし、学習内容の役にも立つんじゃないでしょうか。
英語嫌いの子が多いのは、教材がつまらないからというのも大いにあると思います。
私はいわゆる受験校で高校時代を送ったので、受験用の勉強をさせられました。英語は教科書以外にサブリーダーというのをやってましたが、ラッセルの文章など、日本語に訳してもよくわからないような難解な教材だった記憶があります。
中学までは大好きだった英語の授業がつまらなくて、努力することをやめてしまった結果、小学生の英語もわからない。もったいないことをしたと今さらながらに思います。

映画評論家で監督もした故・水野晴郎さんは、戦時中の育ちだから英語は学校では一切習わなかったそうです。大好きな映画を通して英語を学んだ、と話されているのをテレビで聞いたことがあります。
誰だったか、ビートルズの歌で英語をマスターしたという人もいました。
先生が何も「英語で」授業しなくても、生徒が身を乗り出すような楽しい教材で面白い授業をしてくれれば十分。成績も伸びてお互いにハッピーだと思います。

オマケ。
cocoonは「繭、蜘蛛の卵のう、(ビニールなどの)覆い」という意味です。
では、cocooningはどういう意味になるでしょう。
きのう何かで見つけて、ほほー、これは面白いと思いましたが…。
英語圏なら小学生でも知っているでしょうね。答えは、「家庭生活優先主義、マイホーム主義」でした。
posted by dashi at 21:38| Comment(2) | 興味津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

新手の詐欺

町内会の回覧板に、警察署からの[緊急の」お知らせが入ってました。
…区内で架空請求詐欺の封書が出回っています。
「埼玉」消印の封書で下の見本のようなものは詐欺
ですので、決して電話等の連絡を取ってはいけません。
とあります。

     民事裁判執行通知書

今回原告側が提出した起訴状を指定裁判所が受理したことを通知します。貴殿は、ご契約会社及び債権回収業者に対しての、契約不履行につき、民事訴訟裁判執行報告通知を通達させて頂きます。
後日、指定裁判所から、出廷命令通知書が届きますので、記載期日までにご連絡下さい。

     裁判執行予定日平成21年2月5日

出廷拒否されますと、民法108条に基づき原告側の主張が全面的に受理され執行官立会いのもと動産物、不動産物及び給料等の差し押さえを強制的にさせて頂きます。
また裁判所執行官による「執行証明の交付」を承諾して頂くようお願いします。同時に債権譲渡証明書を1通郵送させて頂きますのでご承知下さい。
尚、書面通達になりますので、個人情報保護の為、詳細等は当局員までお問い合わせ下さい。

    裁判取り下げ期日
      平成21年2月3日

     東京都千代田区神田和泉町1‐8‐2
             中央管財事務局
          03-5**1-1**1


いやあ、もっともらしく、テキもあの手この手よく考えますね^^。
警察からのアドバイス。
◎見に覚えのない請求には一切応じず無視する!
◎記載されている連絡先には一切連絡しない!
◎不審に思ったら必ず警察に相談する! 


以前は、メールでこのようなものが送りつけられて、慌てて払った人もそうとういるようです。質問サイトで「こういうメールが来たが」「それは詐欺だ」というやりとりをよく見かけました。
今は小金持ちのお年寄りをターゲットにしているのかもしれませんね。「なんのことだ?」と不審がって連絡先に電話すれば(ここが狙いですね)、慣れた詐欺師やその手先のアルバイトの餌食になるのでしょう。
詐欺を働く頭脳があるなら、もっと世のため人のために生かしてほしいものです。
posted by dashi at 20:49| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

気分転換

仕事を辞めてからというもの、気分がスカッとしなくて困っています。
花粉症も始まったようで、目のかゆみや鼻づまりも。薬を買ったらこれがまたべらぼうに高い…。
情緒が不安定になっているのが自分でもわかって、人と会って話をするのがおっくうで、気が引ける感じです。
気分にかなりムラがあり、ひどいときは「私なんて何にも出来ない、ホントにつまんない人間かも」と落ち込んだりしています。これが高じたら鬱になるのでしょう。
先日は前から決まっていた会合があったので出かけましたが、いつもは楽しく話をする人たちと一緒にいても気分が沈み、「この人、なんて愚かなことを言ってるんだろう」とマジで腹が立つ有様です。同席している自分にもイライラする。

こんな精神状態の時は静かにしているに限ると判断。
家に引きこもり、自由になる(コマギレの)時間はあるので、気分転換にレンタルの映画を見ました。
わりとよかったのが、前から見たいと思っていた「ミスト」と「最高の人生の見つけ方」。
(コメディがいいかと思って「Mr.ビーン カンヌでなんとか」も借りてみましたが、あまりにつまらなくて、半分も耐えられませんでした。ウィル・スミスが一人生きのこる映画も、突っ込みどころ満載で不満)
ミストは後味の悪い終わり方で、いつもなら「サイアク!」と思ったかもしれません。でも今の私にとっては悪くない結末でした。こんなのもありかな。
「この森で天使はバスを降りた」「ラット・レース」「ロズウェル(これはテレビドラマ)」で印象的だった俳優さんたちが出ていて、脇をよく固めていると思いました。
突っ込みどころもありますが、ハラハラドキドキできました。それに案外、考えさせられる映画です。

「最高の…」の方は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの共演で話題になった映画です。
こんな冗長な邦題にしないで、もっとどうにかならなかったのかと思いました。原題はBucket List、「棺おけリスト(死ぬ前にやりたいことリスト)」という意味らしいです。
二人とも末期のガン患者という設定で、それぞれ髪の毛を剃って丸坊主姿になっていました。(ジャック・ニコルソンは頭部の手術のために剃りましたが、モーガン・フリーマンは抗癌剤の副作用で抜けたかも?)丸坊主姿は初めて見ましたが、二人ともなかなか似合ってました。
死期が迫っていると知ったときどう生きるか、という重いテーマを軽快に扱っていて楽しめました。見る人の年齢や境遇によって受け取り方はかなり違いそうです。
それにしてもジャック・ニコルソンは年を取ったなあという印象。アバウト・シュミットのときよりさらに。老いは誰の上にも等しく訪れるのですよね、その意味では実に公平。

明日は保護者会。気分転換もしたことだし、スッキリと目覚めて行きたいものだと思っています。
posted by dashi at 23:22| Comment(2) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

古ーいジョーク

調べ物をしていたら、偶然こういう一文を見つけました。

Full in care, cow was to become me is note.

そして、ははあと遠い昔・高校時代に、友人がニヤニヤしながら「面白いよ、訳してごらん」と持ってきた紙切れを思い出しました。
単語自体は難しくはないけど、なんか変…と首をひねっていると、笑いをこらえながら「発音してみて」。
言われるとおりに発音してみて途中で気づき、二人してゲラゲラ笑ったものでした。
そう、「古池や蛙(かわず)飛び込む水の音」の、音訳(?)なのです。

もうひとつ、昔、別の友人が持ってきたネタ。

To be, to be, ten made to be.

シェイクスピア「ハムレット」の有名なセリフ、
To be, or not to be, that is the question.
「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」
をもじったもの…かと一瞬思いましたが、これは私にもすぐわかりました。
答えは、「飛べ、飛べ、天まで飛べ」です。
…ふざけてばかりいないでちゃんと勉強してたらよかったんですけどね。
posted by dashi at 22:06| Comment(2) | 興味津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

誰も守ってくれない

話題の映画「誰も守ってくれない」を見てきました。
水曜日は女性だけ1,000円になるレディスデーなので、それをねらって今日行った次第です。
あまり当たっていないという話ながら、私の行った映画館は(とても小さいところですが)7分ぐらいの入りという感じ。レディスと呼ぶにはちょっと照れくさい(私もその一人ですが)オバサンがほとんどでした。
駅とデパートやスーパーに隣接しているという立地の良さもさることながら、やはり1,000円という値段がものを言っているのでしょう。映画はもっと安くしたほうが客は入って、結果的に収益は増すんじゃないのかなと。レンタルのDVDが百円玉2つ3つで借りられる時代に、一本1,800円は高すぎると思います。

閑話休題。
それはないでしょ、と言いたくなるようなシーンもありましたが、重いテーマをテンポよく一気に見せる、なかなかの秀作だと思いました。
18歳の少年が幼い姉妹を殺した罪で逮捕され、その15歳の妹を保護する任務を与えられた刑事の話です。何から保護するか? 加害者の家族も同罪ともみくちゃにして断罪しようとする世間、特にマスコミからです。
そしてこの映画の着目すべきは、ネットの暴力の恐ろしさを不気味なくらいリアルに映像化して見せてくれるところです。ネットの掲示板で実名、住所・学校に顔写真までさらし、逃避行先に押しかけて画像を流す。
保護すべき未成年の容疑者はおろか、中学生の妹に対してまでプライバシーを容赦なく暴いてしまう、その鬼畜集団と化した匿名性が助長するあざとい暴力(実際に暴力もふるいます)には、戦慄と激しい怒りを覚えます。

まだ犯人と断定されたわけでもない段階で、犯人と決め付けて動く捜査機関。(冤罪だったらいったいどうしてくれる、取り返しはつかないぞと思いました)
息子が逮捕されて動揺している両親に高圧的な態度をとり、「保護のために」と一方的に離婚・再婚を経て妻の旧姓に改姓させたり、妹の教育義務を免除する措置を取ったり(実際にはあんな滅茶苦茶なスピードで行われることではないと思いますが)、拉致するような勢いで妹を引き離す。
兄がむごたらしい殺人を犯したことを(たぶん)知りながら、そのことには何の関心もないように見える。母親が自殺したと知ると刑事を責めて泣きわめく妹。
自分の立場を全くわきまえない、無礼で自分勝手な行動。
15歳は子どもだからあんなものかと思う一方で、この妹に感情移入出来なかったのは、私にも「加害者の家族断罪を肯定する気持ち」があるのかもしれないと思ったりしました。

もう社会復帰を果たしたという、酒鬼薔薇の家族はどうなったのでしょう。いくらも年の違わない弟もいたはずです。母親の旧姓にしてひっそりと暮らしているのでしょうか。
宮崎勤(死刑執行されましたね)にも妹が二人いて、婚約中だった一人は自殺未遂したという話です。地方の名士だった彼の父親は入水自殺したのでした。
それにしても、裁判の席で被害者の家族が涙ながらに極刑を求めたら、お涙頂戴に弱い人なら躊躇なく死刑の判断に傾くかもしれません。専門の訓練を受けていない、法的な予備知識のない素人に判断を委ねていいのか、裁判員制度は時期尚早では…。そのことも考えさせられた映画でした。
posted by dashi at 23:20| Comment(3) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

やめられない止まらない

「食べ始めたら止まらなくなってしまうものは何ですか」と朝日新聞が調査したところ、トップは「カルビーのポテトチップス」だったそうです(1月31日付Be)。
4位にかっぱせびせん、7位にじゃがりこと、カルビー製品が10位中3つも占めています。すごい人気ですね。株を買ったり就職するならカルビーかしら。
「やめられない止まらない」はかっぱせびせんのキャッチコピーでした。「100円でポテトチップスは買えますが、ポテトチップスで100円は買えません」というとぼけたコピーも記憶に残っています。宣伝のうまい会社ではありますね。

私がかっぱえびせんを初めて食べたのは、小学生のときでした。これはおいしい! と強く印象に残ったので、隣のうちの子にもらったことや、食べたのが夕方の我が家の庭先だったことまで覚えています。
それくらい画期的な美味しさであったわけです。もちろんデパートで贈答用に売られているようなものにはもっと美味しいものがあったに違いありませんが、子供が駄菓子屋で買えるようなものの中では、ということですね。
そのとき袋を見て、地方の聞いたことのない会社(CMでおなじみの大手ではない)で作っている製品であることが意外だったのですが、その後あれよあれよという間にかっぱえびせんは人気商品となり、それを私は子供心に当然だと思ったのでした。

確認のためにカルビーのHPを見たら、沿革に
1949年  松尾糧食工業所を松尾糧食工業株式会社として法人に改組し、広島にて設立。
1955年  社名を「カルビー製菓株式会社」に変更する。
1964年  「かっぱえびせん」 発売。
とありました。
本社を東京に移し、「カルビー株式会社」となったのは1973年です。
http://www.calbee.co.jp/company/enkaku.php
なお、カルビーの■社名の由来■は、
カルビーの社名はカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語です。
カルシウムはミネラルの中でも代表的な栄養素、
ビタミンB群のなかでもB1はもっとも中心的な栄養素です。
みなさまの健康に役立つ商品づくりをめざして名づけました。
ということです。
ポテトチップスが商品化されたのはかっぱせびせんよりずっとあとですが、特に感動はありませんでした。

「やめられない止まらない」のトップに挙がるポテトチップスですが、食べすぎが身体に悪いことはみんな承知。
(なくなるまで)止まらないなら、あまり多くても困ります。袋の中が大半は空気で中身はちょっぴりしかないのも、消費者の健康を考えての上なのねと皮肉りたくなりますね。
ウチの息子は小さいときからの習慣で、ポテトチップスは袋の半分しか食べません。小皿を持ってきて、私が半分に分けるのを待っています。私が気がつかないでいると自分で半分ばかり皿にとって食べ、あとは残していることもあります。(誰も食べなければ残りはまた翌日に食べます)
自閉症の特性として残すのは嫌いなはずですが、残すという認識じゃないからできることかもしれません。他のお菓子も、皿に取った分だけとか、小袋の2つ(3つ)だけ、という食べ方をすることが多く、袋丸ごと食べるということはめったにありません。お菓子の食べすぎで太るという事態は、おかげで防げています。

それにしても、ポテトチップスは肥満を象徴する食べ物だと思います。(プラスコーラ、というのが正統派肥満食?)
一年で50キロ痩せたと話題になった、2007年のベストセラー「いつまでもデブと思うなよ」。娘が友人から借りて来たので、私もざっと目を通してみました。
(いやあ、すごく売れたみたいですね、8月20日初版でわずか10日後に3刷が出ています。)
この中に「ダイエット中の人の正しい(?)ポテチの食べ方」があったので、参考までにご紹介します。
まず、袋を開けて色形、塩の付き方などじっくりと厳選して5枚を選び出す。選び終わったら、袋を台所に持っていって水を入れ(食べられなくする)、そして捨ててしまうのだそうです。
ゴミ箱に放り込むだけではダメで、それだと著者の岡田斗司夫さんは何度も拾い上げて食べてしまった、そうです。
もったいないといっても、ゴミ箱に捨てるかおなかの中に捨てるかの違いだけ。もったいないと思えば3回買うところを2回、1回にすればいい。やめとこうと思うならそれが一番。
やめられない止まらないではマズイ人は、食べ始める前が勝負ですね。

ちなみに、漫画家の東海林さだおさんが昔ダイエットで10キロ落としたときは、ご飯にまず水をかけていた、ということでした。まずくてあまりたくさんは食べられないのだそうです。



posted by dashi at 23:27| Comment(4) | 興味津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。